バラ・オロナウルタイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

バラ・オロナウルタイ(モンゴル語: Bala Oronaurtai,中国語: 巴剌斡羅納児台,? - ?)とは、13世紀初頭にモンゴル帝国に仕えたオロナウル部出身の千人隊長。『モンゴル秘史』などの漢文史料では巴剌斡羅納児台(bālàwòluónàértái)と記される。

概要[編集]

『モンゴル秘史』によると、1206年のモンゴル帝国建国時に千人隊長に任ぜられており、功臣表では35位に列せられている。

また、同じ千人隊長にはバラ・チェルビという同名の人物もおり、「オロナウルタイ」という名前はこのバラ・チェルビと区別するためにつけられたものとみられる。

バラ・オロナウルタイの事蹟についてはほとんど知られていないが、「元統癸酉進士録」には山東濮州の万人隊長買閭の祖先が「オロナウル人の八郎(バラ)」で、「千戸(千人隊長)であった」と記されており、この「八郎」こそがバラ・オロナウルタイのことであると考えられている[1]

脚注[編集]

  1. ^ 村上1970,370-371頁

参考文献[編集]

  • 志茂碩敏『モンゴル帝国史研究 正篇』東京大学出版会、2013年
  • 村上正二訳注『モンゴル秘史 2巻』平凡社、1972年