ジョチ・カサル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ジョチ・カサルJöči Qasar, 1164年? - 1213年?)は、チンギス・カンの次弟で、モンゴル帝国皇族である。イェスゲイ・バアトルとコンギラト部族オルクヌウト氏族出身のホエルンとの次男で、他の同母兄弟にはカチウンテムゲ・オッチギンがいる。『元朝秘史』『元史』などの漢語資料では、拙赤合薩合撒、槊只合撒、合撒、搠只哈撒兒、哈布図哈薩爾[1]など。『集史』などのペルシア語表記では جوچى قسار Jūchī Qasār 。単にカサルともいうが、現代モンゴル語によってハサル(Khasar)と表記される。兄チンギスよりも2歳年少であったと伝わる。

生涯[編集]

幼少から兄を補佐して兄弟たちとともにモンゴル帝国創建に貢献した。チンギス・カンはジョチ・カサルを深く信頼しており、ジョチ・カサルに相談した上で軍事行動を決定することもあった[2]1199年ナイマン出兵ではナイマン軍に大勝して功績を挙げており、1203年のナイマン征服戦ではチンギス・カンより中軍(コル Qol)を任されるほどその戦力を高く評価されていた[3]

『集史』「タタル部族誌」のエピソードによれば、チンギスがタタル部族で最大の勢力を誇ったトトクリウト・タタル氏族を討伐した時は、チンギスにより積年の怨恨から族滅せよとの厳命が下されていたにも関わらず、ジョチ・カサルはチンギスの第3皇后イェスゲンと第5皇后イェスルン姉妹や自身の妻も同族出身であったこと、さらに自らの妻からの懇願を汲んで、タタル部族の婦女子を密かに助け捕虜として分配され処刑が決まっていた千人の将士のうち虐殺を半数の500人に止め、残りの500人を隠匿した。後日これが発覚してチンギスは激怒したと言う。

しかし、キヤト氏族での主導権を巡って兄チンギスと対立することもあったようで、『元朝秘史』によると1206年のチンギス・カンの第2次即位の後、シャーマン(巫者)ココチュ・テプテングリらコンゴタン氏族の子弟によるクーデター計画に加担したことを咎められ、国政の中枢から遠ざけられたと伝わる。1説にはチンギス・カンによる分封の際、他の弟のウルス(カチウン家、オッチギン家)に比べてカサル家のウルスへの分封が圧倒的に少なかったのは、チンギス・カンとジョチ・カサルの政治的対立が影響したためであるとされる[4]。没年については不詳。

人物[編集]

『集史』では「カサル」とは「勇猛な」という意味であり、怪力の持ち主であり威厳ある人物であったためにこの名で呼ばれたと記されている。また、『元史』ではチンギス・カンが「別里古台之力、哈撒兒之射(ベルグテイの力とカサルの射)」があってこそ天下を取ることができたと語る記述があり、ジョチ・カサルは弓の名手として知られていたことがわかる[5]

エルデニイン・トプチ(蒙古源流)』や『アルタン・トプチ』などの後代の伝説によると、ジョチ・カサルは幼少の頃から兄のチンギスより背丈が高く膂肉にも恵まれて強弓を引いたため、「強弓引きのカサル」(ハブトゥ・ハサル Qabutu Qasar)などと呼ばれていたという。伝説ではこれを自慢していたため、老爺に扮装したチンギスにこの驕りを挫かれるという話がある[6]

モンゴル帝国におけるジョチ・カサルの分封地(ウルス)については、左翼軍を構成していた他の諸弟のものとともに議論があるが、最近の杉山正明説によれば大興安嶺山脈以西のエルグネ(アルグン川)、カイラル(ハイラル川)両川、およびクルン山に囲まれた地域であり、これにテムゲ・オッチギン家、カチウン家の封土が順に南接していたと考えられている。

子孫[編集]

ジョチ・カサルには、イェグトクイェスンゲの3人の息子、カプチュという孫がいたことが知られている。このうち、イェスンゲは最古のモンゴル語資料として有名な「イェスンゲ紀功碑」(通称チンギス・カン・ストーン)でその遠矢が記録されている人物で(碑文によると、335 alda = 約530mを射たとある)[7]、イェスンゲはオッチギン家、カチウン家ととも東方三王家の一翼として1260年のクビライの即位を支持した。このためジョチ・カサル家ではこのイェスンゲの家系が最も繁栄した。

  • ジョチ・カサル
    • 淄川王イェグ(ジョチ・カサルの長子。ジョチ・カサルの死後にカサル・ウルスの当主となった)
      • コルコスン(イェグの息子。『元史』宗室世系表には記載がないが、『集史』ではイェグの後にカサル・ウルスの当主になったと伝えられる)
      • バイタク(『元史』宗室世系表には記載がないが、『集史』の系図ではイェグの息子として記される)
    • トク(ジョチ・カサルの息子)
      • エブゲン(『集史』ではトクの息子とされるが、『元史』宗室世系表ではイェグの息子爱哥阿不干王として記されている)
    • イェスンゲ(ジョチ・カサルの息子。イェグ、コルコスンの後にカサル・ウルスの当主となった)
      • エムゲン(『元史』宗室世系表には記載がないが、『集史』や「靖州路総管捏古台公墓誌銘」ではイェスンゲの息子として記されている)
        • シクドゥル(エムゲンの息子)
          • 斉王バブシャ(シクドゥルの息子。バブシャまでは『集史』にも名前が記録されている)
          • ビリグ(シクドゥルの息子)
          • ホンゴル(シクドゥルの息子)

この他にも、『集史』ではジョチ・カサルに『元史』には記載のないMaqldarとQaralchuという二人の息子がいたと記している。

後にジョチ・カサルの系統からは、ホルチン部、ゴルロス部、ドルベト部、ジャライト部などの諸部族が形成された[8]清代に編纂されたモンゴル語年代記『恒河の流れ』では、イェスンゲ-シクドゥルの系統の子孫をバートル・シューシテイ、斉王ボルナイ父子(事実上のホルチン部の祖)としている。

脚注[編集]

  1. ^ 清史稿』藩部一、藩部世表一
  2. ^ 宇野2013,156頁
  3. ^ 宇野2013,157頁
  4. ^ 宇野2013,160-161頁
  5. ^ 宇野2013,154頁
  6. ^ 村上 1970,p82
  7. ^ 杉山1996,242-244頁
  8. ^ 清史稿』藩部一、藩部世表一

参考文献[編集]

  • 宇野伸浩「チンギス・カンとジョチ・カサル」『人間環境学研究』11巻、2013年
  • 岡田英弘訳注『蒙古源流』刀水書房、2004年
  • 杉山正明『モンゴル帝国の興亡(下)世界経営の時代』講談社、1996年
  • 村上正二訳注『モンゴル秘史1 チンギス・カン物語』平凡社、1970年

関連項目[編集]