ハリド・シェイク・モハメド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ハリド・シェイク・モハメド
خالد شيخ محمد
Khalid Shaikh Mohammed after capture.jpg
拘束時のモハメド
生年: 1964年?
生地: クウェートの旗 クウェート
活動: 世界貿易センター爆破事件ボジンカ計画アメリカ同時多発テロ事件バリ島爆弾テロ事件
所属: ムスリム同胞団アルカーイダ

ハリド・シェイク・モハメド(英:Khalid Sheikh Mohammed、アラビア語: خالد شيخ محمدḫālid šaiḫ muḥammad)は、ウサーマ・ビン・ラーディンアルカーイダの幹部。1999年からは対外宣伝を担当するが、甥のラムジ・ユセフとともにアルカーイダの爆弾テロ(世界貿易センター爆破事件バリ島爆弾テロ事件ボジンカ計画など)に関与した。2003年3月、潜伏中のパキスタンラーワルピンディーで、アメリカの諜報機関に支援されたパキスタン統合情報局(ISI)によって逮捕された。 2006年グアンタナモ米軍基地に移送、収監された。

2001年アメリカ同時多発テロ事件の起案者とされ、2007年、これらの容疑を認めた。2008年マイケル・ヘイデン中央情報局長官は、モハメドに対し、ウォーターボーディングによる水責め尋問を行ったことを認めた[1]2012年グァンタナモ米軍基地の軍事法廷で他4名と共に裁判が開始されることが全米各紙で報道され、死刑求刑する予定とも報じられたが以後の状況は一切不明である。

経歴[編集]

ハリド・シェイク・モハメドは、パキスタンバローチスターン州出身の両親の元でクウェートで生まれた。生年は1964年とされるが異説がある。16歳でムスリム同胞団に参加、直後にパキスタンに移った。3歳年少の甥のラムジ・ユセフ(世界貿易センター爆破事件の主犯)も同じような境遇である。ハリド・シェイク・モハメドはその後、勉学のためにアメリカに渡る。ノースカロライナ州の大学で機械工学の学位を取得するとアフガニスタンに移った。アメリカでの幾つかの屈辱的な経験がハリド・シェイク・モハメドをテロリストに向わせたとされる。アフガニスタンでは、兄弟たちとソビエト連邦アフガニスタン侵攻ムジャーヒディーンとして戦った。そこでアブドゥル・ラスル・サイヤフと知り合う。サイヤフは当時、アフマド・シャー・マスードに近かった。1987年には発展途上国の支援をするアメリカの団体の資金援助を受けて、静岡県の建設機械メーカーで研修を受けるため3ヶ月間日本に滞在している[2][3]。アフガニスタンでのソ連との戦いの後は1992年まで電子機器の会社で働き、その後、ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争にムスリム義勇兵として参加、その後、カタールの政府機関でエンジニアとして働いた。その後、世界貿易センター爆破事件やボジンカ計画を立案。ハリド・シェイク・モハメドがフィリピンに行ったのは1994年からである。カタールの合板の輸出業者としてであった。またサラエボにも赴きボスニア・ヘルツェゴビナの市民権を得ている。CIAの捕捉を恐れてパキスタンに戻り、ボジンカ計画の発覚後はカタールに移動、イエメンマレーシアブラジルなどを工作活動で回り、スーダンでビン・ラーディンと会っていることが確認されている。アメリカ政府がカタール政府にハリド・シェイク・モハメドの逮捕を要請、ハリド・シェイク・モハメドはアフガニスタンに逃亡した。スーダンを追放されたビン・ラーディンもアフガニスタンに移り、ハリド・シェイク・モハメドはビン・ラーディンの指導下に入っていった。ハリド・シェイク・モハメドはチェチェンに入ろうとするが果たせず、カンダハールに戻りアルカーイダの幹部に迎え入れられた。対外宣伝を担当し、特にジェマ・イスラミアと密な関係を築いた。

アメリカ同時多発テロ事件[編集]

その後、ハリド・シェイク・モハメドはボジンカ計画のアメリカ国内版とも言えるアメリカ国内の東西の地区で航空機を同時に爆破する計画をアルカーイダに提案、ビン・ラーディンは当初は関心を示さなかったが、1998年末にロサンゼルスなどを対象から除外した上で最終的に計画を承認した。1999年の春から、ハリド・シェイク・モハメド、ビン・ラーディン、アルカイダの軍事部門の指導者のムハンマド・アーティフが計画を練っていった。ビン・ラーディンは資金を提供し、作戦の実行責任者としてモハメド・アタを選出、ハリド・シェイク・モハメドは技術的な細部を担当した。イスラエルアリエル・シャロン岩のドームを訪問、インティファーダが起こっていたことから、ビン・ラーディンは2000年中に同時多発テロをアメリカで起こすようにハリド・シェイク・モハメドをせかせたという。

その他[編集]

  • アラビア語の発音の転写の違いによって、カリド・シィク・ムハンマド、カリド・シーク・ムハンマド、カリッド・シェイク・ムハメッドなどと表記されることもある。アラビア語表記を正確に転写すれば、ハーリド・シャイフ・ムハンマドと表記される。

脚注[編集]

  1. ^ AFP (2008年2月6日). “CIA長官、アルカイダ容疑者への「水責め」認める”. フランス通信社. http://www.afpbb.com/article/disaster-accidents-crime/crime/2346882/2603472 2011年3月11日閲覧。 
  2. ^ “アルカイダナンバー3、結成前の87年に来日 米団体資金で研修”. 朝日新聞: pp. 34ページ. (2003年6月16日) 
  3. ^ アルカイダのメンバーが4回入国 新潟市内に潜伏”. 朝日新聞 (2004年5月19日). 2015年7月1日閲覧。

関連項目[編集]