ノーマン・チェレビジハン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ノーマン・チェレビジハン

ノーマン・チェレビジハンクリミア・タタール語: Numan Çelebi Cihanロシア語: Номан Челебиджихан1885年 - 1918年)は、20世紀初頭のクリミア・タタール人の民族運動家、政治家。1917年ロシア革命時に「クリミア人民共和国」の設立を宣言し、初代大統領に就任した。クリミア・タタール民族の英雄として知られる。

経歴[編集]

チェレビジハンは、1885年にクリミア北部のブユク・ソナク村に父イブライムと母ジハンシャーの間に生まれた。初等教育を終えた後、ギュリュム・ベイ・メドレセに就学し、1908年にはイスタンブールヴェファー・リセに留学する。イスタンブールでは、クリミアからの留学生が多く住むカラギュムリュク地区に滞在し、1910年に友人のアビブッラー・テミルジャンと共に「青年タタール人作家協会(Yaş Tatar Yazıcılar Cıyını)」を設立する。

イスタンブールでは、作家協会の他に「クリミア・タタール人学生協会」「祖国(Vatan)」といった組織を設立し、後に政治組織である「民族党(Milliy Fırqa)」を設立する。

イスタンブールでの留学後、クリミアに帰郷し、1917年ロシア革命を迎える。チェレビジハンは、オル郡の代表としてクルルタイのメンバーに選出され、1917年11月26日シンフェロポリで開催されたクルルタイでは、共和国の首班として選出された。

しかし、1918年1月には、内戦を優勢に進めるボリシェヴィキがクリミアを掌握し、チェレビジハン以下共和国の指導部は逮捕され、国家は滅亡した。チェレビジハンは2月23日に処刑された。

政治家としての経歴だけでなく、タヴリダ・ムスリム宗務局ムフティーも務め、詩人、作家としても知られる。チェレビジハン作の詩「Ant Etkenmen」は、クリミア人民共和国の国歌として制定されたものだが、同国滅亡後もクリミア・タタール人の民族歌として今日まで広く歌われている。

代表作[編集]

著作[編集]

  • Qarılğaçlar Duası
  • Altın Yarıq
  • Şiirler Cönkü

[編集]

  • Ant Etkenmen
  • Bastırıq
  • Ay gidi...
  • Savlıqman Qal Tatarlıq!
  • Yolcu Ğarip
  • Tilkiden Selâm

関連項目[編集]