ニール・ドナルド・ウォルシュ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ニール・ドナルド・ウォルシュ

ニール・ドナルド・ウォルシュ(Neale Donald Walsch、1943年9月10日 - )は、アメリカ合衆国著作家、ラジオDJ、企業家[1]、精神教師、俳優、脚本家[2]。『神との対話』シリーズの著者である。

来歴・人物[編集]

ウィスコンシン州ミルウォーキー生まれ。ローマ・カトリックの家庭で、その教えのもとで育つ。20歳の頃にはカトリックの原罪の観念に納得できないものを感じて神に背を向けるようになり、30代後半にはエリザベス・キューブラー=ロスのスタッフをし、彼女の「無条件の愛である神、決して批判せず、ありのままを受け入れる神」という考えに大きな影響を受ける[1]

チャネリングのように神からインスピレーションを受けて書いたという、対話形式の書籍『神との対話』(1995年)がベストセラーとなり、37ヵ国で翻訳され[2]、以後シリーズ化されている。

『神との対話』のメッセージを広めるために、スピリチュアリティの学校、スピリチュアリティ覚醒のためのNPO、自己開発のためリトリートを開催する会を設立[2]引き寄せの法則の映画「ザ・シークレット」に出演し、自伝映画「神との対話」を制作[2]インディゴ・チルドレンを描いた映画「インディゴ」に出演[2]。脚本「ワン・ボディー」を執筆し、劇団を率いてアメリカ各地で上演している[2]。2009年時点で、オレゴン州アッシュランドの森に暮らす[2]

来日[編集]

  • 2001年 東京の日比谷公会堂で来日講演会が行われた。神との対話 普及版 の宣伝イベントの意味合いもありサンマーク出版が主催し、本にイベント宣伝のチラシが封入されており、人気が盛り上がっていた時期でもあり、全国から読者が押しかけた。
  • 2005年 東京と大阪で開催されたイベント「EARTH HEALING FESTIVAL」にゲスト出演する為に来日。イベントはダンワールドが主催し、HTJAPAN、CwG関西、晩馨社が後援協力した。ダンワールドの李承憲と握手するシーンが見られた。ダンワールドの宣伝の色彩の強いイベントであった。
  • 2006年3月 ヒューマニティーチーム(HT)の世界会議(Global Council:通称GCミーティング)が京都で開催。100名限定の特別講演会が行われた。この会議は日本がファリテーターとして主催した最初のHT世界会議であった。HTJAPANの初代リーダー早川映子が同時通訳を務めた。
  • 2007年 「We Are ONEワールドツアー2007」HTJAPAN主催で行われたイベント。新パートナーのアジア女性を伴っての来日であった。

主な日本語訳著書[編集]

サンマーク出版

  • 神との対話 1-3 (1997年
  • 神との対話 365日の言葉 (2000年
  • 神との友情 上・下 (2000年)
  • 神との対話 普及版 1-7 (2001年
  • 神とひとつになること (2001年)
  • 神との対話 フォトブック―ちいさな魂と太陽 (2001年)
  • 平和への勇気―家庭から始まる平和建設への道 (2002年ルイーズ・ダイヤモンドとの共著
  • 新しき啓示 (2003年
  • 明日の神 (2006年
  • 神へ帰る (2007年
  • 神が望むこと (2008年
  • 神よりしあわせ (2009年
  • 変えれば、変わる (2009年)

PHP研究所

  • 10代のための神との対話(2009年)

脚注[編集]

  1. ^ a b ニールについて Humanity's Team Tokyo-Bunkyo インターネットアーカイブ
  2. ^ a b c d e f g 10代のための神との対話 紀伊國屋書店