アルファポリス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
株式会社 アルファポリス
AlphaPolis Co.,Ltd.
本社の入居する恵比寿ガーデンプレイスタワー
本社の入居する恵比寿ガーデンプレイスタワー
種類 株式会社
市場情報
東証マザーズ 9467
2014年10月30日上場
本社所在地 日本の旗 日本
150-6008
東京都渋谷区恵比寿4-20-3
恵比寿ガーデンプレイスタワー8階
設立 2000年8月
業種 情報・通信業
法人番号 3011001035097 ウィキデータを編集
事業内容 書籍の出版
インターネットのサイト運営
代表者 梶本雄介(代表取締役社長)
資本金 8億63百万円(2020年3月期)
売上高 56億31百万円(2020年3月期)
経常利益 14億61百万円(2020年3月期)
純利益 8億80百万円(2020年3月期)
純資産 52億68百万円(2020年3月期)
総資産 76億14百万円(2020年3月期)
従業員数 90名
決算期 3月
主要株主 株式会社オフィス梶本 33.03%
梶本雄介 28.90%
日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社(信託口)6.45%
(2020年3月現在)
外部リンク https://www.alphapolis.co.jp/company
テンプレートを表示

株式会社アルファポリスは、東京都渋谷区恵比寿に本社を置く日本出版社(発売は星雲社委託)。

主にインターネット上の人気作品(文学ビジネスサブカルチャーなど)を書籍として出版している。また、同社のホームページ「アルファポリス電網浮遊都市」はポータルサイト小説投稿サイト漫画投稿サイトなどを兼ねており、同サイト掲載作品を出版するほか「Webコンテンツ大賞」という文学賞を設けている。

沿革[編集]

  • 2000年
    • 8月 - 博報堂出身の梶本雄介により渋谷区恵比寿にて設立。
    • 9月 - 書籍出版化支援サービス「ドリームブッククラブ」開始。
  • 2001年3月 - 初の書籍「夜を旅する童話達」と「醒めない夢」を刊行[1]
  • 2003年
    • 2月 - 事務所を品川区上大崎に移転。
    • 7月 - 『Separation』(市川拓司)が『14ヶ月』のタイトルで日本テレビ系列にて連続TVドラマ化。
  • 2004年
    • 3月 株式会社レーヴック(100%子会社)を設立。
    • 4月 - 事務所を渋谷区桜丘町に移転。
  • 2007年10月 - 当社名を冠した「アルファポリス文庫」を創刊。
  • 2008年
    • 1月 - 読者からの投票結果に加え、作家からの出版申請をもとにした出版制度を開始。
    • 2月 - アルファポリスwebコンテンツ大賞開催開始。
    • 12月 - 事務所を渋谷区恵比寿南に移転。
  • 2009年9月 - 大人の女性のための恋愛小説レーベル「エタニティブックス」を創刊。
  • 2010年
    • 7月 - 書籍出版化支援サービス「ドリームブッククラブ」の募集終了
    • 8月 - 事務所を目黒区目黒に移転。
    • 11月 - 新感覚ファンタジー小説レーベル「レジーナブックス」を創刊。
  • 2011年6月 - 『レイン』(吉野匠)のシリーズ販売部数累計が100万部を突破。
  • 2012年
  • 2013年
    • 1月 - 株式会社レーヴックを吸収合併。
    • 10月 - 『ゲート』(柳内たくみ)のシリーズ販売部数累計が100万部を突破。
  • 2014年
  • 2015年
    • 1月 - 投稿作品の人気度に応じて作家に報酬を支払う「投稿インセンティブ」サービスを開始。
    • 4月 - 投稿作品閲覧用のスマートフォン向けアプリ(iOS版)をリリース[2]。オンラインゲームの提供サービスを開始[3]
    • 5月 - 自社開発によるゲーム事業を開始。経済産業省及び東京証券取引所による「攻めのIT経営銘柄」に選定。
    • 6月 - 『ゲート』(柳内たくみ)のシリーズ販売部数累計が200万部を突破(240万部)。
    • 7月 - 『ゲート』(柳内たくみ)がTOKYO MXほかにてTVアニメ放送開始。
    • 10月 - 『ゲート』(柳内たくみ)のシリーズ販売部数累計が300万部を突破(310万部)。
  • 2016年4月 - 当社Webサイトにて課金サービスを開始
  • 2017年
    • 10月 - 東宝株式会社と業務提携[4]
    • 12月 - 絵本投稿サイト「絵本ひろば」の提供を開始[5]株式会社キューマックスとの共同出資により株式会社アルファゲームスを設立。
  • 2018年
    • 1月 - ゲーム事業を関連会社である株式会社アルファゲームスへ事業譲渡[6]
    • 4月 - 『居酒屋ぼったくり』(秋川滝美)がTVドラマ化。
  • 2019年
    • 5月 - 設立からの新刊書籍発行点数累計が3,000点を突破。
    • 8月 - 絵本投稿サイト「絵本ひろば」のスマートフォン向けアプリをリリース。

著作権に関して[編集]

アルファポリスでは原則として投稿可能な作品は一次創作に限定している(投稿に関してのガイドラインは公式サイトを参照)。特に二次創作については営利・非営利を問わず一切禁止を規約に挙げており、二次創作作品に対しては「第三者の知的財産権(特許権、実用新案権、意匠権、商標権、著作権など)を侵害する行為」として、「発見次第、断固たる措置をとる」と明言している。なお、二次創作はアルファポリス出版作品だけでなく、他社から出版されている作品やゲーム作品を含んだ全てを対象としている。

書籍レーベル[編集]

単行本[編集]

文庫[編集]

  • アルファポリス文庫 - 主に同社発行単行本の文庫化。
  • アルファライト文庫 - 同社発行単行本の内、ライトノベル作品の文庫化。
  • エタニティ文庫 - エタニティブックス発行単行本の文庫化。
  • レジーナ文庫 - レジーナブックス発行単行本の文庫化。
  • ノーチェ文庫 - ノーチェブックス発行単行本の文庫化。

漫画[編集]

  • アルファポリスコミックス
  • エタニティコミックス
  • レジーナコミックス

主な刊行物[編集]

アルファポリス電網浮遊都市[編集]

アルファポリスホームページ上での主なサービスについて。

小説[編集]

オンライン小説を直接投稿できるほか、他の小説投稿サイトに投稿された作品を登録、閲覧することができる。

書籍化した作品は各巻冒頭部と未書籍化分以外は有料となっている。また、アルファポリス以外の小説投稿サイトに書籍化された部分の投稿があった場合、削除される。

漫画[編集]

アルファポリスが提供する「公式Web漫画」とユーザーの投稿による「投稿Web漫画」がある。

作品が単行本化した際には冒頭3話ほど以外の単行本化した話数は有料となっている。

Webコンテンツ大賞[編集]

2008年から開催されている同社主催の文学賞。毎月異なるジャンルが対象となり、小説以外にも漫画やエッセイ、ブログなどを対象とする回もある。アルファポリス編集部に選出される「大賞」と読者の投票やアクセス数によるポイントを集計して選出される「読者賞」がある。

オンラインゲーム[編集]

特筆がない限り自社製。各アルファベット、五十音順に記載。

PCブラウザゲーム[編集]

  • SEVENTH DARK(X-LEGEND ENTERTAINMENT JAPAN製。2019年4月26日にX-LEGEND GAMESとのチャネリングサービス終了。X-LEGEND IDへの引き継ぎ可能だった)
  • アルフヘイムの魔物使い(アピリッツ製。2020年7月14日にサービス終了)
  • かくりよの門(アピリッツ製。2020年4月27日にサービス終了)
  • 幻想神域-Cross to Fate SRVENTH DARK(X-LEGEND ENTERTAINMENT JAPAN製。2019年4月26日にX-LEGEND GAMESとのチャネリングサービス終了。X-LEGEND IDへの引き継ぎ可能だった)
  • 少女とドラゴン-幻獣契約クリプトラクト-(ライオンズフィルム製)
  • 星界神話-ASTRAL TALE-(X-LEGEND ENTERTAINMENT JAPAN製。2019年4月26日にX-LEGEND GAMESとのチャネリングサービス終了。X-LEGEND IDへの引き継ぎ可能だった)
  • 月が導く異世界道中(2018年3月19日にサービス終了)
  • ハンターヒーロー -HUNTER HERO-(X-LEGEND ENTERTAINMENT JAPAN製。2019年4月26日にX-LEGEND GAMESとのチャネリングサービス終了。X-LEGEND IDへの引き継ぎ可能だった)
  • りっく☆じあ〜す(ズー製)
  • ワールドエンドファンタジー(第七大道・BRAEVE製。後にモバイル版もリリース)
  • ワンモア・フリーライフ・オンライン〜とあるおっさんのVRMMO活動記〜

スマホアプリ[編集]

参考文献[編集]

出典[編集]

外部リンク[編集]