ニンジンジュース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
グラスに入れたニンジンジュース

ニンジンジュースまたはキャロットジュース(Carrot juice)は、ニンジンから作るジュースである。

概要[編集]

ニンジンジュースには、ビタミンAになるβ-カロテンの含量が特に多いが、葉酸等のビタミンB群カルシウムマグネシウムカリウムリン等の多くのミネラルも豊富である。1ポンド(454g)のニンジンからコップ1杯(約236ml)のジュースが得られるが、これはリンゴオレンジ等の果物と比べると少ない。ニンジンの果肉は非常に硬く、ニンジンをジュースにする際の難しさは、果肉と果汁の分離の難しさによる。

β-カロテンを多く含む他の食品と同様に、一次的に肌が橙黄色になる柑皮症の原因となる[1]。24時間で3杯以上のニンジンジュースを飲むとこの状態になる可能性がある[2]

ニンジンジュースには、濃縮したニンジンの独特の甘みがある。他の多くのジュースと異なり、不透明であり、しばしばヘルシードリンクとして飲まれる。ニンジンは、数百年に渡り、スープやジュースに調理されてきた。アメリカでは、チーズに深い色を着色するために、かつてニンジンジュースが使われた。

栄養素[編集]

アメリカ合衆国農務省によると、コップ1杯のニンジンジュース(236ml)は、以下のような栄養素を含む[3]

  • カロリー : 95
  • 脂質: 0.35
  • 炭水化物: 21.90
  • 繊維: 1.9
  • タンパク質: 2.24
  • コレステロール: 0.010

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ Kristin Mortensen. “Toxicity of Carrot Juice”. Livestrong.com. 2015年5月5日閲覧。
  2. ^ eMedicine - Carotenemia : Article by Robert A Schwartz
  3. ^ NDL/FNIC Food Composition Database Home Page”. usda.gov. 2015年3月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年5月5日閲覧。

外部リンク[編集]