金平

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
金平ゴボウ 1
金平ゴボウ 2

金平(きんぴら)は、日本食惣菜の一つ。繊切りにした野菜砂糖醤油を用い甘辛く炒めたもの。特に繊切りまたは笹がきにしたゴボウを主に調理したものは金平ゴボウ(きんぴらごぼう)と呼ばれる。

材料としてはゴボウレンコンニンジンなどの根菜類が一般的だが、厚めに剥いたダイコンの皮や、ヤーコンウドなどで作られることもある。味付は味醂(あるいは日本酒砂糖)、醤油を基本とし、好みで鷹の爪を加えたりゴマ鰹節トッピングに用いる。野菜のほかにはコンニャク竹輪さつま揚げなどの練り物のほか、鶏肉バラ肉を加えることもある。

金平という名前は金太郎としても知られる坂田金時の息子・金平から名付けられたという[1]江戸時代はゴボウは精の付く食べ物と考えられていたため、強力の伝説で知られていた金平に仮託したもの。

脚注[編集]

  1. ^ 宮武外骨編『日本擬人名辞典』附録4頁(成光館、1930)