ナット・ヘントフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ナット・ヘントフ

ナット・ヘントフ(Nat Hentoff、1925年6月10日 - 2017年1月7日[1])は、小説ジャズ評論・短編・コラムなどに活躍しているアメリカの著作家である。

人物[編集]

1952年に雑誌『ダウン・ビート』のライターとしてジャズ評論を書き始める。自分の雑誌『ジャズ・レビュー』(The Jazz Review) を立ち上げ、『ウォールストリート・ジャーナル』や『ヴィレッジ・ヴォイス』にコラムを執筆。公民権運動にも関わる。

主な作品[編集]

  • 『ジャズ・カントリー』木島始訳 晶文社、1966年 講談社文庫、1978年
  • 『ペシャンコにされてもへこたれないぞ!』片桐ユズル訳 晶文社、1971年
  • 『私の話を聞いてくれ―ザ・ストーリー・オヴ・ジャズ』ナット・シャピロ共編著 新納武正筑摩書房、1976年
  • 『ぼくらの国なんだぜ』片桐よう子訳 晶文社、1980年
  • 『この学校にいると狂っちゃうよ』片桐よう子訳 晶文社、1981年
  • 『ジャズ・イズ』志村正雄白水社、1982年
  • 『誰だ ハックにいちゃもんつけるのは』坂崎麻子訳 集英社文庫コバルトシリーズ、1986年
  • 『ヒア・ミー・トーキング・トゥー・ヤ』
  • 『ボストン・ボーイ―ナット・ヘントフ自伝』木島始,河野徹訳 晶文社、1989年
  • 『ジャズに生きる ナット・ヘントフ集』堀内貴和訳 アメリカ・コラムニスト全集 東京書籍、1994年
  • 『アメリカ、自由の名のもとに』藤永康政訳 岩波書店、2003年
  • 『消えゆく自由―テロ防止に名をかりた合衆国憲法への無制限な攻撃』松本剛史集英社、2004年

参考文献[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]