ナタリー・ドロン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ナタリー・ドロン
Nathalie Delon
本名 フランシーヌ・カノヴァ(Francine Canovas)
生年月日 (1941-08-01) 1941年8月1日(78歳)
出生地 Civil ensign of French Morocco.svg フランス保護領モロッコウジダ
国籍 フランスの旗 フランス
身長 164cm
職業 女優(1967 - )
著名な家族

アラン・ドロン(元夫)

アントニー・ドロン(息子)
主な作品
個人教授
テンプレートを表示

ナタリー・ドロン(Nathalie Delon、1941年8月1日 - )は、旧仏領モロッコウジダ出身のフランス人女優映画監督

来歴[編集]

本名はフランシーヌ・カノヴァ。幼少期は母親の度重なる離婚で、不遇な少女時代を送った。10代後半からモデルとして活躍するが、1960年に保険代理業者の男性ギー・バルテルミーと結婚、カサブランカに戻り一女を儲けるも、程なく別居。別居後はモデル時代の芸名ナタリー・バルテルミーでモデル兼カメラマンとして活動する。1963年、離婚。娘の親権はバルテルミーが持った。

1963年に『黒いチューリップ』を撮影中のアラン・ドロンと出会い、恋に落ちる。両者は子供時代の境遇が酷似しており、強く惹かれあったとされる。アラン・ドロンは、ロミー・シュナイダーとの長い婚約生活を終わらせたことで、フランスの芸能メディアから叩かれた。ナタリーはアラン・ドロンと1964年に再婚し、アランとの間に息子のアントワーヌを儲けたが、夫妻のハリウッド滞在中にエリザベス・テイラーと離婚したばかりのエディ・フィッシャーとも浮名を流した[1]1967年にアラン・ドロンが主演したサスペンスサムライ』に出演。日本では翌68年に出演した、ルノー・ベルレーとの共演作『個人教授』で人気が上昇した[2]1968年にはアラン・ドロンと別居したがその原因は、女優業継続を希望したナタリーに対して、アランが継続に反対だったことによるものだった。

1968年10月、アラン・ドロンのボディガードだったステファン・マルコヴィッチが死亡しているのが発見されたが、犯人不明のまま事件は迷宮入りとなった。だが、芸能メディアを中心としたフランスのマス・メディアは大はしゃぎでマルコヴィッチ事件を報道した。内容は、マルコヴィッチが上流階級相手に社交場を運営、乱交パーティー、同性愛、常連客の首相ジョルジュ・ポンピドゥー夫人・クロード・ポンピドゥーのヌード、セックス写真が存在する、といった記事が連日報道されることとなった[3]。このスキャンダル報道にもかかわらず、保守勢力から立候補したジョルジュ・ポンピドゥーは、ド・ゴールの後継として大統領に当選した。

結局、ドロン夫妻は翌1969年に離婚した。離婚後はスーザン・ストラスバーグと共演した『姉妹』を皮切りに積極的に映画に出演。1971年には『もういちど愛して』で離婚後も「アラン・ドロンとの共演」を果たした。1972年のエリザベス・テイラーの夫リチャード・バートンとの共演作『青ひげ』は、米国ではバートンとナタリーの恋愛関係及び、それがバートン/テイラーの離婚話を促進させたというゴシップ絡みで注目された[4]。他の代表作に1973年の『新・個人教授』、1976年ロジェ・ヴァディム監督、シルビア・クリステル主演の『華麗な関係』などがある。

1982年には「Ils appellent ça un accident」で監督業にも進出。1988年には監督2作目となる『スウィート・ライズ』を監督した。 1983年の短編映画以降は女優業からは遠ざかっていたが、2008年の「Nuit de chien」で久々に女優復帰を果たす。

アラン・ドロンとの間に儲けた息子のアントワーヌは後に、アントニー・ドロンの芸名で俳優となった。

フィルモグラフィ[編集]

製作年 邦題
原題
役名 備考
1967 サムライ
Le samouraï
ジェーン・ラグランジュ 映画デビュー
1968 個人教授
La leçon particulière
フレデリク
1969 姉妹
Le sorelle
ディアナ
1971 八点鐘が鳴るとき
When Eight Bells Toll
シャルロット
もういちど愛して
Doucement les basses
リタ
1972 フランコ・ネロとナタリー・ドロンのサタンの誘惑
Le moine
マティルド
青ひげ
Bluebeard
エリカ ビデオ題『リチャード・バートンの青ひげ』
1973 新・個人教授
Vous intéressez-vous à la chose?
リセ
1975 タンカー・ジャック
Docteur Justice
カリン
愛と哀しみのエリザベス
The Romantic Englishwoman
ミランダ
1976 暗闇のささやき
Un sussurro nel buio
カミーラ
華麗な関係
Une femme fidèle
フローラ
1979 星になった少年
Gli ultimi angeli
エリザベッタ

監督

製作年 邦題
原題
備考
1988 スウィート・ライズ
Sweet Lies

脚注・出典[編集]

  1. ^ Elizabeth Taylor: The Lady, The Lover, The Legend - 1932-2011
  2. ^ http://www.allcinema.net/cinema/7879
  3. ^ http://www.telegraph.co.uk/news/.../Claude-Pompidou.html  Claude Pompidou, the widow of the former French president Georges Pompidou, political fall-out   英国デイリー・テレグラフのポンピドゥー夫人・クロウド・ポンピドゥーに関する記事 2020年4月24日閲覧
  4. ^ How Richard Burton vowed never to betray Elizabeth Taylor...then, days later, seduced his co-star

関連項目[編集]

外部リンク[編集]