ピエ・ノワール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ピエ・ノワールPied-noir)とは、1830年6月18日のフランス侵攻から、1962年アルジェリア戦争終結に伴うアルジェリア独立までのフランス領アルジェリアに居たヨーロッパ系(フランススペインイタリアマルタユダヤ系)植民者。また、アルジェリアだけでなくモロッコチュニジアを加えたマグレブ諸国のヨーロッパ系住民を含める場合もある。独立時点までのピエ・ノワールの人口は約100万人だと推される。

1962年のアルジェリア独立により多くは母国に帰国したが、フランス本国で差別的な扱いを受けている。

アルジェリアのユダヤ系住民で、同様にフランス国民として引き揚げてきた者も含むことがある。

ピエ・ノワールとはを意味する。フランス人の入植者が、先住民と、黒いを履いていることで区別されたことが由来と言われる。しかし、多くの学者によると、この言葉の起源は不明。

著名なピエ・ノワール[編集]

関連項目[編集]