ナガオカケンメイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ナガオカケンメイ
生誕 (1965-02-15) 1965年2月15日(52歳)
日本の旗 日本北海道室蘭市
国籍 日本の旗 日本
出身校 愛知県立半田工業高等学校
肩書き ロングライフデザイン活動家
公式サイト D&DEPARTMENT

ナガオカケンメイ(本名:長岡 賢明〈ながおかまさあき〉、1965年2月15日 - )は、日本のロングライフデザイン活動家。 D&DEPARTMENT PROJECT代表取締役会長。『d design travel』発行人[1]京都造形芸術大学教授[2]武蔵野美術大学客員教授。人生を賭ける活動の軸は、「ロングライフデザイン」[3]

2015年現在、直営店である東京、大阪、福岡、富山に加え、パートナーショップの北海道、山梨、静岡、京都、鹿児島、沖縄、ソウルの計11か所に、デザインの道の駅と位置づけたショップ「D&DEPARTMENT」をつくり、生活者と作り手が集い、その土地「らしさ」について学び、対話できる場を提供している。[4]

2009年より、デザインの視点で新しい観光を提案するガイドブック「d design travel」を、年3冊のペースで発行中。また、2011年、コムデギャルソンとともに、普遍的なデザインを扱うコンセプトショップ「GOOD DESIGN SHOP」をオープンした[5]

2012年には、渋谷ヒカリエ「8/」にて47都道府県の「らしさ」を紹介する「d47 design travel store」「d47 食堂」、日本初の地域デザイン物産美術館「d47 MUSEUM」をプロデュース[6]。個人では、毎週火曜日に「ナガオカケンメイのメール」と題した会員制のメルマガで「ロングライフデザイン」をテーマに「長く続くいいもの日記」を配信している。


来歴[編集]

  • 1965年:北海道室蘭市にて生まれる。
  • 1983年:愛知県立半田工業高等学校建築科卒業。[7]。デザイン制作会社「北斗企画」[8]や「原宿サン・アド」などに勤めた後、名古屋で喫茶店「サティアンドグラースマイルストン[8]」を開業(以後4年間経営)。並行して三越や東急ハンズなどのグラフィックデザインにも参加[7]
  • 1989年:朝日広告賞受賞に伴い、再上京[7]
  • 1990年:「日本デザインセンター」入社[9]
  • 1991年:原研哉と共に「日本デザインセンター 原デザイン研究所」設立に参加[10]
  • 1997年:菱川勢一と共に[11]デザイン会社「ドローイングアンドマニュアル[10]」を設立。
  • 1997 - 2000年:4度に渡り、モーショングラフィックス展を総合プロデュース。
  • 2000年:「D&DEPARTMENT PROJECT」を設立。第1号店として、東京奥沢に「D&DEPARTMENT TOKYO」をオープン。
  • 2003年:世界を代表するクリエイターの声を収録した日本初のインタビューCDレーベル「VISION'D VOICE」をスタート。
  • 2004年:グッドデザイン賞を受賞した翌年、廃盤になったGマーク商品を再び売り出す「USED G」をプロデュース。
  • 2009年:各都道府県の個性を1冊に収録したデザインガイドブック「d design travel」の発行スタート。
  • 2011年:コムデギャルソンと共に、普遍的なデザインを扱うコンセプトショップ「GOOD DESIGN SHOP」を表参道にオープン。
  • 2012年:渋谷ヒカリエ「8/」を総合プロデュース。同スペースに、「d47MUSEUM」「d47 design travel store」「d47食堂」をオープン。同年より、「ナガオカケンメイのメール」と題した会員制メルマガを発行中。
  • 2013年:初の海外パートナーショップ「D&DEPARTMENT SEOUL」をオープン。
  • 2014年:京都造形芸術大学とパートナーシップを結び、京都市内にある真宗佛光寺派の本山に「D&DEPARTMENT KYOTO by 京都造形芸術大学」をオープン。
  • 2015年:国内10店舗目の「D&DEPARTMENT TOYAMA」をオープン。

受賞歴[編集]

  • 2003年 1960年代の商品の復刻などを行う[12]企業によるものづくりのブランド「60VISION」(ロクマルヴィジョン)の功績などに対して、「グッドデザイン賞 川崎和男審査委員長特別賞」を受賞[10]

佐野研二郎氏との同時受賞。「先見性に富んだ活動で、地域振興にも貢献するナガオカ。社会の閉塞感を突き破るような、明るい表現が際立っている佐野。さらに検討を重ねたが、「質の高さにおいて、甲乙つけがたい」という意見が圧倒的に多く、両者受賞で決着した。」-毎日新聞2014年3月4日)

著書[編集]

単著

  • 『コマボン』扶桑社 (1996/3) ISBN 4-594-01887-4
  • 『ブラボー!すきまな広告』リブロポート (1997/5) ISBN 4-8457-1141-9
  • 『サクラなお仕事』メディアファクトリー (1999/4) ISBN 4-88991-863-9
  • 『恋、いろいろな、関係。』ワニブックス (2002/6) ISBN 4-8470-1447-2
  • 『Only honest design can be recyclable.』エクスナレッジ (2002/12) ISBN 4-7678-0218-0
  • 『ふたりの絵本 結婚。』新風舎文庫 (2003/10) ISBN 4-7974-9087-X
  • 『デザイン物産展ニッポン』美術出版社(2008/9) ISBN 978-4-568-50366-1
  • 『ナガオカケンメイの考え』アスペクト (2006/11) (韓国語版 2009/11) ISBN 978-4-10-130621-6
  • 『ナガオカケンメイのやりかた』平凡社 (2008/2) (韓国語版 2010/4) ISBN 978-4-582-62042-9
  • 『60VISION 〜ロクマルビジョン 企業の原点を売り続けるブランディング〜』美術出版社 (2008/7) ISBN 978-4-568-50359-3
  • 『ナガオカケンメイとニッポン』アスペクト (2009/11) ISBN 978-4-420-31037-6
  • 『二流で行こう 〜一流の盲点、三流の弱点〜』集英社 (2013/3) ISBN 978-4-420-31065-9
  • 『D&DEPARTMENTに学んだ、人が集まる「伝える店」のつくり方 学びながら買い、学びながら食べる店』美術出版社 (2013/3) ISBN 978-4-568-50522-1

共著

  • 『D&DEPARTMENT DINING BOOK』主婦の友社(2007/12) ISBN 978-4-07-258780-5
  • 『NIPPON VISION4 accessories access new jewellery 新しいジュエリーへのアクセス』美術出版社(2011/4) ISBN 978-4-568-50449-1
  • 『つくること、つくらないこと: 町を面白くする11人の会話』学芸出版社 (2012/2) ISBN 978-4-7615-1295-8

監修[編集]

  • 『民芸 あたらしい教科書 11』プチグラパブリッシング (2007/2)
  • 『森 正洋の言葉。デザインの言葉。』美術出版社 (2012/2)
  • 『世界を変えるデザインの力〈1〉使う』教育画劇 (2013/2)
  • 『世界を変えるデザインの力〈2〉伝える』教育画劇 (2013/4)
  • 『世界を変えるデザインの力〈3〉つなげる 』教育画劇(2013/4)

デザイントラベル誌『d design travel』[編集]

全国各地に若い感性を持った作り手が増える一方で、「観光」という分野は若返りに遅れを取り、デザインに関心のある人々が頼りに出来るメディアが少なかった。 そんな中、各地の「D&DEPARTMENT」が、人々にとって観光案内所のようなの役割を担っていることに気づく。 編集部が、数ヶ月それぞれの土地に住み込み取材を行うスタイルで、 10年経っても継続していく生命力と地場からのメッセージをしっかり持っている場所を選定し、 デザインの視点で都道府県一つ一つの「個性」を拾い上げた観光ガイド『d design travel』を発行している[13]。 ナガオカケンメイ自身は、発刊開始時から編集長として10冊を創り上げ、現在は、発行人を務めている。

現在発行中の都道府県(数字は、都道府県番号)

  • 01 北海道 - 北海道は大きい。
  • 06 山形 - 「スロー」でも「ロハス」でもなく、山形は「うけたもう」
  • 09 栃木 - 観光に、正直さと、デザインを。
  • 13 東京 - 実は、揺らぎのない意思を持つ東京。
  • 16 富山 - どうしようもないほどの大自然がデザインしてくれた都市。
  • 19 山梨 - 山梨はどこにも似ていない。
  • 20 長野 - 改革と教育の県のように思う。
  • 22 静岡 - 「やらまいか」という気質。
  • 25 滋賀 - 鳥や魚や獣たち、そして人間が共にデザインする滋賀県。
  • 26 京都 - 京都は、京都のスピードとリズムで、自ら変わっていく。
  • 27 大阪 - 意気でおもろいところ。
  • 35 山口 - 「詩」の座布団に座って、新しさを考える。
  • 40 福岡 - やっぱりロックンロールやね。
  • 41 佐賀 - 佐賀には夢がある。
  • 44 大分 - ”小さく分”かれている、”大分”県
  • 46 鹿児島 - 鹿児島はあたたかい。
  • 47 沖縄 - 沖縄は日本の「観光」の未来を探る先達だと思う。

動画(8/TV on vimeo)[編集]

テレビ出演[編集]

ラジオパーソナリティ[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ d design travel−D&DEPARTMENT
  2. ^ ナガオカケンメイ氏教授就任ニュースリリース
  3. ^ 日本が誇るロングライフデザインはいま、どこにあるのか。
  4. ^ D&DEPARTMENT 店舗情報
  5. ^ GOOD DESIGN SHOP
  6. ^ 47都道府県のデザインを俯瞰できる場所
  7. ^ a b c インタビュー|ブルースタジオ
  8. ^ a b 著者紹介 - 恋、いろいろな、関係。: 紀伊國屋書店BookWeb
  9. ^ スタイルカフェ Vol.88 ナガオカ ケンメイ - JT
  10. ^ a b c ナガオカケンメイ トークショー開催 - デザイナーズニュース | デザインの現場
  11. ^ 「DRAWING AND MANUAL」 - 基本データ | Facebook
  12. ^ NHK 課外授業ようこそ先輩 | これまでの放送 ナガオカ ケンメイ
  13. ^ d design travel 発刊の想い。
  14. ^ 2016年7月までは"d design travel radio"のタイトルで放送。
  15. ^ 17時台の"UNDER THE TREES(本放送)"(DJ:河瀨直美)と当番組の間にTRAFFIC LINEおよびWEATHER LINEが挿入されるため、情報量により放送開始時間が大きく移動する。
  16. ^ 2016年3月までは、金曜昼の情報番組"SPURT! FRIDAY"に内包される形で14:30頃 - 14:50頃に放送。
  17. ^ 同日14:00 - 18:00に放送された特別番組"α-STATION 25th Anniversary Holiday Special Program 『KYOTO NIPPON EXHIBITION』"内の挿入番組(番組内の1コーナー)として放送された特別版。2016年3月以前の通常版同様、番組を一時中断する形で放送された。

関連人物[編集]

外部リンク[編集]