1957年ドイツ連邦議会選挙

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
‹ 1953 • ドイツ • 1961
1957年ドイツ連邦議会選挙
ドイツ連邦議会議員519名
過半数260名
1957年9月15日

基礎データ
有権者数:  35,400,923
投票数 : 31,072,894
  
87.8% Green Arrow Up.svg 2.1%

選挙結果
Bundesarchiv B 145 Bild-F078072-0004, Konrad Adenauer.jpg
コンラート・アデナウアー
キリスト教民主同盟/キリスト教社会同盟
得票: 15,008,399 Green Arrow Up.svg 20.6%
獲得議席: 277 Green Arrow Up.svg 11.2%
  
50.2%
Bundesarchiv Bild 183-21272-0001, Erich Ollenhauer.jpg
エーリッヒ・オレンハウアードイツ社会民主党
得票: 9,495,571 Green Arrow Up.svg 19.5%
獲得議席: 181 Green Arrow Up.svg 11.7%
  
31.8%
DBP 1989 1440 Reinhold Maier.jpg
ラインホルト・マイヤー自由民主党
得票: 2,307,135 Red Arrow Down.svg 12.2%
獲得議席: 44 Red Arrow Down.svg 17%
  
7.7%
No flag.svg
フリードリッヒ・フォン・ケッセルドイツ語版
故郷被追放者・権利被剥奪者ブロックドイツ語版
得票: 1,374,066 Red Arrow Down.svg 15%
獲得議席: 0 Red Arrow Down.svg 100%
  
4.6%
No flag.svg
ハインリッヒ・ヘルヴェーゲドイツ語版ドイツ党
得票: 1,007,282 Green Arrow Up.svg 12.4%
獲得議席: 17 Green Arrow Up.svg 13.3%
  
3.4%
No flag.svg
ヨーゼフ・バウムガートナードイツ語版連邦同盟 (中央党とバイエルン民族党の選挙連合)ドイツ語版
得票: 254,322 Red Arrow Down.svg 62.7%
獲得議席: 0 Red Arrow Down.svg 100%
  
0.9%

州別結果
1957年ドイツ連邦議会選挙
  CDUが第一党
  CDU/CSUが過半数
  SPDが第一党

1957年ドイツ連邦議会選挙(第二投票)

Deutscher Bundestag logo.svg

各党の議席比率。内側は前回議席で赤色がSPD、黄色がFDP、黒色がCDU/CSU、灰色はDPなど。

Bundesadler Bundesorgane.svg
ドイツの首相

1957年ドイツ連邦議会選挙(1957ねん ドイツれんぽうぎかい せんきょ)は、ドイツ連邦共和国(当時:西ドイツ)の下院に該当する連邦議会(Bundestag)の議員を選出するために1957年9月に行われた選挙である。

選挙データ[編集]

  • 連邦首相:コンラート・アデナウアー(キリスト教民主同盟)
  • 与党:キリスト教民主同盟(CDU)+キリスト教社会同盟(CSU)+自由民主党(FDP)+故郷被追放者・権利被剥奪者ブロック(GB-BHE)+ドイツ党(DP)
  • 連邦議会定数:494議席(ザールラントが復帰したことに伴い前回より10議席増)
  • 選挙制度:比例代表制(小選挙区比例代表併用制小選挙区247議席)
全体議席は、第2投票(州単位で作成される政党名簿への投票)に投ぜられた得票に従って議席配分されるが、少数政党の乱立を防止する観点から、①第2投票で有効投票総数の5%以上を獲得、②第1投票(選挙区候補者への投票、最多得票を得た候補が当選)で3議席を得た(前回までは1議席)。いずれかの要件を満たした政党にのみ議席配分される制度となっている。尚、選挙区議席が比例配分議席を上回った場合は、超過議席となる。
  • 有権者数:35,400,923名

選挙結果[編集]

  • 投票日:1957年9月15日
  • 投票者数:31,072,894名(投票率87.8%)
  • 有効票数:29,905,428票(第2投票)
1957年連邦議会選挙における党派別議席数と得票数・率
党派 候補者投票 政党投票 議席数 (参考)
西ベルリン選出議席数ドイツ語版
得票数 得票数 全体議席 (選挙区) 1957-1961
キリスト教
民主・社会同盟
(CDU/CSU)
キリスト教民主同盟
(CDU)
11,975,400 39.7 11,875,339 39.71 215 147 7
キリスト教社会同盟
(CSU)
3,186,150 10.6 3,133,060 10.48 55 47
ドイツ社会民主党
(SPD)
9,651,669 32.0 9,495,571 31.75 169 46 12
自由民主党
(FDP)
2,276,234 7.5 2,307,135 7.71 41 1 2
故郷被追放者・権利被剥奪者ブロック
(GB-BHE)
1,324,636 4.4 1,374,066 4.59 0 0
ドイツ党
(DP)
1,062,293 3.5 1,007,282 3.37 17 6
ドイツ帝国党
(DRP)
290,622 1.0 308,564 1.03 0 0
連邦同盟
(FU)
295,533 1.0 254,322 0.85 0 0
統一、平和及び自由のためのドイツ人連合党ドイツ語版
(BdD)
37,329 0.1 58,725 0.20 0 0
ドイツ中小企業党同盟ドイツ語版
(Mittelstand)
3,024 0.0 36,592 0.12 0 0
南シュレースヴィヒ選挙人同盟
(SSW)
33,463 0.1 32,262 0.11 0 0
ドイツ共同体ドイツ語版
(DG)
16,410 0.1 17,490 0.06 0 0
愛国同盟ドイツ語版
(VU)
2,250 0.0 5,020 0.02 0 0
善良ドイツ人党ドイツ語版
(PdgD)
356 0.0 - - 0 0
有権者団体・無所属
(Wählergruppen/Einzelbewerber)
845 0.0 - - 0 0
自由人民党ドイツ語版
(FVP)
- - - - 0 0 1
合計 30,156,214 100.0 29,905,428 100.00 497 247 22

CDU/CSUが50.2%の得票を獲得、戦後のドイツ史上初めて、かつ唯一となる連邦議会の単独過半数を占めることができた[1]。このためFDPおよび議席を失ったGB-BHEが連立から外れ、CDU/CSU、DPの三党連立の第三次アデナウアー内閣ドイツ語版が発足した。SPDも前回より支持を若干回復させ、31.8%の得票を得た。1953年選挙からCDU/CSUとCDUの二大政党集団へ支持が集中する傾向が強まった結果、本選挙においてCDU/CSUとSPD、FDPの三党派以外に議席を得る事ができた政党はDPのみであったが、DPの議席はCDUとの選挙協力で辛うじて得る事ができたものであった。この選挙で事実上、CDU/CSUとSPDの2大政党集団に中間政党であるFDPを加えた「3党体制」が完成し、次の1961年選挙以降、1983年の選挙で「緑の党」が5%阻止条項を突破して議席を獲得するまで「3党体制」が継続することとなった。

ギャラリー[編集]

出典[編集]

関連項目[編集]

  1. ^ 「ドイツの政党システム」、岩崎正洋『政党システムの理論と実際』(おうふう)240頁