2005年ドイツ連邦議会選挙

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
2005年ドイツ連邦議会選挙
Bundestagswahl 2005
ドイツ
2002年 ←
2005年9月18日
→ 2009年

連邦議会 全614議席(定数598議席、超過議席16議席)
投票率 77.7%(減少1.4%)
  第1党 第2党 第3党
  Angela Merkel 24092007.jpg Gerhard Schroeder MUC-20050910-01 (cropped).jpg Guido Westerwelle 2007 (cropped).jpg
党首 アンゲラ・メルケル ゲアハルト・シュレーダー ギド・ヴェスターヴェレ
政党 CDU/CSU SPD FDP
党首就任 2002年9月24日 1998年4月20日 2001年5月4日
党首選挙区 フォアポンメルン=リューゲン - フォアポンメルン=グライフスヴァルトI選挙区 ニーダーザクセン州 ノルトライン=ヴェストファーレン州
前回選挙 248議席、38.5% 251議席、38.5% 47議席、7.3%
獲得議席 226 222 61
議席増減 減少 22 減少 29 増加 14
得票数 16,631,049 16,194,665 4,648,144
得票率 35.2% 34.2% 9.8%
得票率増減 減少 3.3% 減少 4.3% 増加 2.5%

  第4党 第5党
  Gregor Gysi.jpg
OskarLafontaine 2005 (cropped).jpg
Msc 2005-Sunday-IMG 3947.jpg
党首 グレゴール・ギジ
オスカー・ラフォンテーヌ
ヨシュカ・フィッシャー
政党 PDS B90/Gr
党首就任 2005年7月17日
2005年7月30日
党首選挙区 ベルリン=トレプトウ=ケーペニック選挙区
ノルトライン=ヴェストファーレン州
ヘッセン州
前回選挙 2議席、4.0% 55議席、8.6%
獲得議席 54 51
議席増減 増加 52 減少 4
得票数 4,118,194 3,838,326
得票率 8.7% 8.1%
得票率増減 増加 4.7% 減少 0.5%

2005 German federal election - Results by constituency.svg

党派別獲得選挙区分布図

選挙前首相

ゲアハルト・シュレーダー
SPD

選出首相

アンゲラ・メルケル
CDU

2005年ドイツ連邦議会選挙(2005ねんドイツれんぽうぎかいせんきょ)は、ドイツ連邦共和国下院に当たる連邦議会 (Deutscher Bundestag) の議員を選出するため、2005年9月に行われた選挙である。

概要[編集]

2005年7月1日ドイツ連邦議会において、シュレーダー首相の信任決議案が反対多数で否決されたことを受け、ケーラー大統領が連邦議会を同月21日に解散[1]したことで行われた総選挙である。背景には、5月に行われたノルトライン=ヴェストファーレン州議会選挙で与党社会民主党キリスト教民主同盟に敗北して同州における政権の座を失ったことで、州政府の代表者で構成される連邦参議院上院)において野党が多数派となり、政権運営に支障を来す状況に直面したため、選挙を1年前倒しして行う意向を与党が示したことがある。

選挙データ[編集]

選挙結果[編集]

  • 有権者数:61,870,711
  • 投票率:77.7%
  • 投票者数:48,044,134
  • 有効票数:47,194,062
Bundestag 2005.svg
党派別議席数及び得票数・率[2](議席獲得政党と公的助成対象政党[3]のみ記載)
党派 候補者投票 政党投票 議席[4][5]
得票数 得票率 (%) 得票 得票率 (%) 全体
議席
(選挙区)
CDU/CSU[6] ドイツキリスト教民主同盟 (CDU) 15,390,950 32.6 13,136,740 27.8 180 106
キリスト教社会同盟 (CSU) 3,889,990 8.2 3,494,309 7.4 46 44
CDU/CSU 小計 19,280,940 40.8 16,631,049 35.2 226 150
ドイツ社会民主党(SPD) 18,129,100 38.4 16,194,665 34.2 222 145
自由民主党(FDP) 2,208,531 4.7 4,648,144 9.8 61 0
左翼党民主社会党 (Die Linke.PDS) 3,764,168 8.0 4,118,194 8.7 54 3
同盟90/緑の党(B90/Gr) 2,538,913 5.4 3,838,326 8.1 51 1
ドイツ国家民主党 (NPD) 857,777 1.8 748,568 1.6 0 0
共和党 (REP) 38,678 0.1 266,101 0.6 0 0
議席合計 614 299

この結果、CDU/CSU・FDP(中道保守連合)、SPD・B90/G(赤緑連合)は共に過半数に届かず、CDU/CSU・FDP・B90/G(ジャマイカ連合[7])、SPD・FDP・B90/G(信号連立[8])などの連立が協議されたがいずれも政策の違いから交渉は失敗した。このため、CDU/CSU が SPD と大連立を組むことで合意し、CDU のアンゲラ・メルケル党首を首相とする大連立政権が11月22日に発足した。CDU/CSU と赤緑連合が共に議席減らしたのに対し、中道自由主義政党の FDP と、左派政党の左翼党が、2大政治勢力に飽き足りない人達の支持を集め、得票・議席を大きく伸ばした。

とくに PDS と SPD 最左派が結成した“労働と社会的公正のための選挙オルタナティブ” (WASG) が合同して発足させた政党連合の左翼党は、シュレーダー政権における社会保障制度改革に伴う社会保障費削減を厳しく批判し、PDS だった前回2002年より2倍以上の得票を獲得、議席数で50議席以上を獲得して緑の党を上回り大きく躍進した。特に旧西独地域において、前回 1% 足らずだった支持率を 4.9% に伸ばし、旧東独地域に限定されていた支持を拡大することに成功した[9](前回は選挙区議席の2議席のみ)。この躍進の結果に関し、同党の筆頭候補であるグレゴール・ギジ氏は「今回の国民の選択は現政権与党も保守野党も退けた」と述べた上で「二大勢力の敗北は(新自由主義改革に)国民がうんざりしていることの表れだ」と強調した[10]

脚注[編集]

  1. ^ 連邦議会の解散は、首相信任案が議会において過半数の承認を得ることができなかった時に、首相が大統領に対し、議会の解散を申し入れ、これに基づいて大統領が21日以内に議会解散を決定することができる(基本法68条)、としており、連邦議会の解散には高いハードルが科せられている。n:ケーラー大統領、ドイツ連邦議会を解散
  2. ^ Wahl zum 16.Deutschen Bundestag am 18.September 2005”より引用した。
  3. ^ 第二投票で0.5%以上の得票を獲得した政党。
  4. ^ 選挙区議席が比例配分議席より上回ることで生じる超過議席は、CDU/CSU が7議席、SPD が9議席の計16議席
  5. ^ ドレスデンの第一選挙区において、選挙直前に候補者の一人が死亡したため、同選挙区における選挙が延期され、10月2日に投票が行われた(当選者は CDU の候補)。そのため、全体議席が確定したのは10月2日にずれ込んだ。n:ドレスデン1区の追加投票終わる―ドイツ連邦議会選挙
  6. ^ CDU と CSU は「姉妹政党」で、連邦議会では統一会派を組んでいる。CSU は、バイエルン州のみで活動する地域政党で、同州以外では候補者及び政党リストは提出しないので、CDU と競合することはない。
  7. ^ 各党のシンボルカラーが中米のジャマイカの国旗と同じ配色(黒・黄・緑)であることから名付けられた。
  8. ^ 3党のシンボルカラーが交通信号と同じ赤 (SPD)・黄 (FDP)・緑 (B90/G) であることから名付けられた。
  9. ^ Bundestagswahl 2002 - Zweitstimmen und Sitze in den Bundesländern”と“Bundestagswahl 2005 - Zweitstimmen und Sitze in den Bundesländern”との比較。
  10. ^ 独総選挙 二大勢力とも交代 左翼党は54議席に躍進しんぶん赤旗2005年9月20日

外部リンク[編集]

関連項目[編集]