トマス・ヴァイトクス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
トマス・ヴァイトクス
Tomas Vaitkus
Cycling (road) pictogram.svg
Tomas Vaitkus.jpg
個人情報
本名 Tomas Vaitkus
トマス・ヴァイトクス
生年月日 (1982-02-04) 1982年2月4日(36歳)
国籍  リトアニア
身長 185cm
体重 75cm
チーム情報
所属 グリーンエッジ
分野 ロードレース
役割 選手
プロ所属チーム
2003–2004
2005–2006
2007
2008–2009
2010
2011
2012–2013
ラントバウクレディート・コルナゴ
Ag2r・プレヴォワイアンス
ディスカバリーチャンネル
アスタナ
レディオシャック
アスタナ
グリーンエッジ
グランツール最高成績
主要レース勝利
ジロ・デ・イタリア 区間1勝
MaillotMundialCrono.PNG U23世界選手権・ITT 2002
 リトアニア選手権・ITT 2003-2004
 リトアニア選手権・ロード 2004、2008
最終更新日
2014年2月4日

トマス・ヴァイトクス(Tomas Vaitkus、1982年2月4日 - )は、リトアニアクライペダ出身の元自転車競技ロードレース)選手。

経歴[編集]

2000年、ジュニア世界選手権自転車競技大会・団体追い抜きのメンバーとして優勝に貢献。

2002年U-23世界選手権・個人タイムトライアル(ITT)を制覇した。

2003年、ランバウクレディート・コルナゴと契約を結んでプロ転向。

2004年

  • 国内選手権
    • ロードレース 優勝
    • ITT 優勝

2005年AG2R・プレヴォワイアンスに移籍。

2006年

2007年ディスカバリーチャンネルに移籍。

2008年アルベルト・コンタドールらとともに、アスタナ・チームに移籍。

  • 2度目の国内選手権ロードレースを制した。

2010年チーム・レディオシャックに移籍。

2011年アスタナへ移籍。

2012年グリーンエッジへ移籍し、2シーズンを過ごし引退した。

外部リンク[編集]