ダリル・インピー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ダリル・インピー
Daryl Impey
Cycling (road) pictogram.svg
20140907-DarylImpey.jpg
2014年ツアー・オブ・アルバータにて
個人情報
本名 Daryl Impey
ダリル・インピー
生年月日 (1984-12-06) 1984年12月6日(34歳)
国籍  南アフリカ共和国
身長 183 cm (72 in)
体重 70 kg (154 lb)
チーム情報
所属 ミッチェルトン・スコット
分野 ロードレース
役割 選手
特徴 スプリンター
アマ所属チーム
2003-2004
2005
2006-2007
マイクロソフト
VC・ラ・ポム・マルセイユ
マイクロソフト
MTN・マイクロソフト
プロ所属チーム
2008–2009
2010
2011.01-05
2011.05-12
2012–
バルロワールド
レディオシャック
MTN・クベカ
ネットアップ
グリーンエッジ
オリカ・グリーンエッジ
オリカ・バイクエクスチェンジ
オリカ・スコット
ミッチェルトン・スコット
グランツール最高成績
主要レース勝利
ツアー・ダウンアンダー (2018)
 ポイント賞(2015)
ボルタ・シクリスタ・ア・カタルーニャ 区間優勝
クリテリウム・デュ・ドーフィネ
 ポイント賞(2018)、区間優勝
アフリカ競技大会 個人ロード 2007
ツアー・オブ・ターキー (2009)
ツアー・オブ・アルバータ (2014)
 南アフリカ共和国選手権
 ITT 2011、2013-2018
 ロード 2018
最終更新日
2018年1月21日

ダリル・インピー(Daryl Impey、1984年12月6日 - )は、南アフリカ共和国ヨハネスブルグ出身の自転車競技ロードレース)選手。

経歴[編集]

2008年、バルロワールドに移籍。

2009年、ツアー・オブ・ターキー 総合優勝の際、第4ステージ(当人が勝利)で、ゴール直前のスプリント争いの際、テオ・ボスにジャージを鷲掴みにされた挙句、双方転倒の憂き目に遭った[1]

2010年、チーム・レディオシャックに移籍。

2011年、当初はペガサス・スポーツに移籍が決まっていたものの、2010年12月21日、国際自転車競技連合(UCI)からプロフェッショナルコンチネンタルチームのライセンスを取り消された[2]ことから、チーム解散が決定。急遽、とりあえず自国チームのMTN・クベカに移籍した後、同年8月、チーム・ネットアップに移籍した。

2012年、グリーンエッジに移籍。

2017年、ボルタ・シクリスタ・ア・カタルーニャ第6ステージにて絶好調のアレハンドロ・バルベルデとのスプリントを制し、優勝[3]

2018年、ツアー・ダウンアンダーにて、第2、4、5ステージで2位を獲得し、合計18秒のボーナスタイムを獲得。第5ステージでリッチー・ポートにフィニッシュでの8秒差とボーナスタイムの合計で18秒差を詰められたが、ステージ順位の合計の少ないインピー南アフリカ初の当レース総合優勝が決まった[4]

主な戦績[編集]

2003年[編集]

2007年[編集]

2008年[編集]

2009年[編集]

2011年[編集]

2012年[編集]

2013年[編集]

2014年[編集]

2015年[編集]

2016年[編集]

2017年[編集]

2018年[編集]


脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]