トニー・トゥレク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
トニー・トゥレク Football pictogram.svg
名前
本名 アントン・トゥレク
ラテン文字 Toni Turek
基本情報
国籍 ドイツの旗 ドイツ
生年月日 (1919-01-18) 1919年1月18日
出身地 デュースブルク
没年月日 (1984-01-18) 1984年1月18日(65歳没)
選手情報
ポジション GK
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1936-1941
1941-1943
1943-1946
1946-1947
1947-1950
1950-1956
1956-1957
ナチス・ドイツの旗TuSデュイスブルク
ナチス・ドイツの旗TSGウルム
ナチス・ドイツの旗TuSデュイスブルク
Merchant Flag of Germany (1946-1949).svgフランクフルト
Merchant Flag of Germany (1946-1949).svgTSGウルム
ドイツの旗デュッセルドルフ
ドイツの旗ボルシアMG







22 (0)
代表歴
1950-1954 西ドイツの旗 西ドイツ 20 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

トニー・トゥレクToni Turek)ことアントン・トゥレクAnton Turek, 1919年1月18日 - 1984年1月18日)は、ドイツ出身の元サッカー選手。ポジションはGK

経歴[編集]

デュイスブルクSVでサッカーを学び、1936年にTuSデュイスブルク48/99(現アイントラハト・デュイスブルク)で選手キャリアをスタートさせた。1950年に西ドイツ代表に選出。1954年のFIFAワールドカップ・スイス大会では決勝のハンガリー戦で好セーブを見せ優勝に貢献。「ベルンの奇跡」の立役者となった。

この試合の実況アナウンサー、ヘルベルト・ツィンマーマンは、トゥレクの活躍を「サッカーの神様」と絶賛したが、ツィンマーマンは、この事で教会から非難を受け、終生苦しんだという[1]

1984年1月18日にノイスで死去、65歳没。

脚注[編集]

  1. ^ ウルリッヒ・ヘッセ・リヒテンベルガー『ブンデスリーガ』(バジリコ株式会社、2005年)210頁。

外部リンク[編集]