アルフレート・プファフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アルフレート・プファフ Football pictogram.svg
名前
ラテン文字 Alfred Pfaff
基本情報
国籍 ドイツの旗 ドイツ
生年月日 (1926-07-16) 1926年7月16日
出身地 フランクフルト・アム・マイン
没年月日 (2008-12-27) 2008年12月27日(82歳没)
選手情報
ポジション MF
代表歴
1953-1956 西ドイツの旗 西ドイツ 7 (2)
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

アルフレート・プファフ (Alfred Pfaff, 1926年7月16日 - 2008年12月27日)は、フランクフルト・アム・マイン出身の元西ドイツ代表サッカー選手。現役時代のポジションはMF

経歴[編集]

アイントラハト・フランクフルトのユース出身で、1949年から10年以上同クラブでプレーした。リーグ約300試合に出場し、1958-59シーズンにはブンデスリーガ優勝を手にした。1959-60シーズンのUEFAチャンピオンズカップではプレーメーカーとして素晴らしい技術やフリーキックを披露してクラブを準優勝に導き、自身も4得点を挙げた。1954年にはアトレティコ・マドリードからオファーを受けたが、夫人がスペイン行きに反対したことからドイツに留まった。

西ドイツ代表として7キャップ、2得点。同じ時代にフリッツ・ヴァルターがいたことから代表での出場機会は限られていたが、1954年のFIFAワールドカップにも出場。試合には敗れたものの、グループステージでは当時マジック・マジャールと呼ばれたハンガリー代表戦で西ドイツの1点目を記録した[1]

1962年、36歳で現役を引退。引退後はオーデンヴァルトシュネーベルクバーテンダーホテルの宿主などをしていた[2]

所属クラブ[編集]

獲得タイトル[編集]

脚注[編集]