トゥ・ザ・ワンダー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
トゥ・ザ・ワンダー
To the Wonder
監督 テレンス・マリック
脚本 テレンス・マリック
製作 ニコラス・ゴンダ
製作総指揮 グレン・バスナー
出演者 ベン・アフレック
オルガ・キュリレンコ
ハビエル・バルデム
レイチェル・マクアダムス
音楽 ハナン・タウンゼンド
撮影 エマニュエル・ルベツキ
編集 A・J・エドワーズ
製作会社 レッドバッド・ピクチャーズ
配給 マグノリア・ピクチャーズ
日本の旗ロングライド
公開 イタリアの旗 2012年9月2日VIFF
アメリカ合衆国の旗 2013年4月12日
日本の旗 2013年8月9日
上映時間 112分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 $154,880[1]
テンプレートを表示

トゥ・ザ・ワンダー』(To the Wonder)は、テレンス・マリック監督、オルガ・キュリレンコベン・アフレック主演の2012年公開のアメリカの映画モン・サン・ミシェルで出会った男女の恋愛を描いた恋愛ドラマ映画第69回ヴェネツィア国際映画祭コンペティション部門で上映された[2]

ストーリー[編集]

フランス西海岸のノルマンディー地方。作家志望のニールは、故郷アメリカを離れてフランスへ渡り、モン・サン・ミシェルの美しい海岸でマリーナと出会い恋に落ちる。またマリーナの娘タチアナも、ニールを実の父のように慕うようになる。

2年後、3人はアメリカへ渡りオクラホマの小さな町バードルズルで暮らしていた。作家への夢を諦めたニールは、環境保護の調査官として働き、マリーナ、タチアナとの関係も良好で、3人は穏やかで幸せな生活を送っていた。

しかし、永遠に続くと思われた幸福な時間は、長続きはしなかった。友達が出来ないタチアナは、フランスへ帰りたいと言い出す。やがてマリーナとの擦れ違いが増え、タチアナからも"父親気取り"を嫌がられるようになると、ニールの気持ちは冷めてゆく。 悩んだマリーナは町の教会でクインターナ神父に相談するが、ビザの期限が切れるため娘を連れてフランスへ帰ることにする。

マリーナの帰国後、ニールは幼なじみのジェーンと関係を深めてゆく。一方フランスでは、タチアナが離婚した夫の下へ行ってしまい、マリーナは一人での生活に耐え切れなくなる。そしてマリーナが再びアメリカへ戻ると、ニールは責任感からマリーナと結婚する。マリーナとの結婚を機にジェーンは去って行く。

やがてマリーナはニールを愛し過ぎるあまり、ニールの自分に対する愛を信用できなくなり、行きずりの男と関係を持ったあげく妊娠してしまう。このことを知ったニールは激怒し、そして愛とは何か?深く考え始める。 一方、クインターナも同様に、神はどこにいるのか? と深く悩むようになり、二人の男はそれぞれの選択をすることになる。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

ニュー・ワールド』『ツリー・オブ・ライフ』などのマリック監督作品に携わってきた、エマニュエル・ルベツキはじめ多くのスタッフが本作でも製作に加わった。

製作[編集]

2010年2月に告知され、クリスチャン・ベール出演が予定されたが[3]、最終的にベールは降板し、ベン・アフレックに代わることとなった[4]。映画はタイトル未決定のまま製作が開始され、スタッフからは『Project D』と呼ばれた[5]。撮影は主にオクラホマ州バートルズヒル英語版パフスカ英語版で行われ、2010年9月より開始された[6][7]。2011年初頭にはバートルズビルとフランスパリで追加撮影が行われた[8][9]。マリックと彼のスタッフは実験的なアプローチを採用した。役者は脚本やライトを使用せずに作業を説明した[8][10]エマニュエル・ルベツキは本作を「抽象的」だと述べ、より少ない演劇の規則に縛られ、マリック監督の以前の作品よりも、純粋に映画のようなものとしてそれを説明した[5]

ジェシカ・チャステインレイチェル・ワイズアマンダ・ピートバリー・ペッパーマイケル・シーンの出演箇所は最終的にカットされた[11]

公開[編集]

MPAAにより映画のタイトルは『To the Wonder』であると明かされた[12]。ワールド・プレミアは2012年9月2日に第69回ヴェネツィア国際映画祭コンペティション部門で行われ、さらに第37回トロント国際映画祭でも上映された[13][14]

アメリカ合衆国では2013年4月12日に劇場公開された。

評価[編集]

批評家の反応[編集]

Rotten Tomatoesでは121件のレビューで支持率は41%となった[15]

シカゴ・サンタイムズ』のロジャー・イーバートは4ツ星満点で3ツ星半を与えた。2013年4月4日に亡くなったイーバートにとっては最後のレビューであり、2日後の4月6日に公開された[16]

受賞とノミネート[編集]

映画祭・賞 部門 対象 結果
ヴェネツィア国際映画祭 金獅子賞 テレンス・マリック ノミネート
サンディエゴ映画批評家協会賞 撮影賞 エマニュエル・ルベツキ 受賞

参考文献[編集]

  1. ^ To the Wonder”. Box Office Mojo. Amazon.com. 2013年4月21日閲覧。
  2. ^ 2012 Official Selection”. La Biennale di Venezia. 2012年7月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年7月26日閲覧。
  3. ^ Terrence Malick to shoot romantic drama”. Film Nation Entertainment (2010年2月3日). 2012年5月14日閲覧。
  4. ^ Sneider, Jeff (2010年8月12日). “Exclusive: Ben Affleck, Rachel Weisz Join Terrence Malick's Next Movie”. The Wrap. 2012年5月14日閲覧。
  5. ^ a b Macnab, Geoffrey; Lubezki, Emmanuel (July 2011). “The Light Fantastic”. Sight & Sound (BFI) 21 (7): 22-23. 
  6. ^ Malick Movie Confirmed for Oklahoma, Shooting Begins”. Rockville Music Magazine (2010年9月17日). 2012年7月26日閲覧。
  7. ^ Polacca, Benny (2010年10月19日). “Untitled film starring Ben Affleck shot in downtown Pawhuska”. Osage News. 2012年7月26日閲覧。
  8. ^ a b Smith, Michael (2011年3月25日). “Tulsa stockbroker lucks into acting role with Ben Affleck”. Tulsa World. 2012年7月26日閲覧。
  9. ^ Chitwood, Adam (2011年5月28日). “New Details on Terrence Malick's Romantic Drama Starring Ben Affleck”. Collider. 2012年7月26日閲覧。
  10. ^ Weintraub, Steve (2011年1月5日). “Barry Pepper Exclusive Interview”. Collider. 2012年7月26日閲覧。
  11. ^ Barry Pepper, Michael Sheen & Amanda Peet Also Cut From Terrence Malick's 'To The Wonder'”. The Playlist (2012年8月29日). 2012年8月30日閲覧。
  12. ^ To the Wonder”. Film Ratings. 2012年5月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年5月14日閲覧。
  13. ^ 2 September”. La Biennale di Venezia. 2012年8月9日閲覧。
  14. ^ To the Wonder”. TIFF. 2012年7月26日閲覧。
  15. ^ To the Wonder”. Rotten Tomatoes. 2013年4月21日閲覧。
  16. ^ Ebert, Roger (2013年4月6日). “To the Wonder”. Chicago Sun-Times. 2013年4月7日閲覧。

外部リンク[編集]