テテ (歌手)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
テテ
Tété
Tété Rennes.jpg
2010年
基本情報
出生名 Niang Mahmoud Tété
生誕 (1975-07-25) 1975年7月25日(44歳)
出身地 セネガルの旗 セネガルダカール
ジャンル シャンソンフォークロック
職業 シンガーソングライター
担当楽器 歌唱ギター
活動期間 2000年 - 現在
公式サイト http://www.tete.tv

テテ (Tété) は、現代フランスフォーク/ロック/ポップ・ミュージシャンである。自ら作詞作曲、アコースティック・ギター演奏を行う。アフリカ系の血を引くが、音楽的にはアメリカの影響が大きく、アフリカ音楽との直接の関係はない。フランス語の他、英語を流暢に話す。

来歴[編集]

1975年ダカールにおいて、セネガル人の父とマルティニーク人の母の間に生まれた。「テテ」とはウォロフ語で導師の意味である。1977 年、両親の離婚のともない、母親と一緒にフランスのボルドーに移住。その後北フランスに移った。9歳の時にソルフェージュヴァイオリンを習うが、10代はボブ・ディランジミ・ヘンドリックスボブ・マーリーなどを好んで聴いていた。16歳の時にケガで入院していた時に母親からギターをプレゼントされる。17歳の時、ナイジェリア出身のイギリスのフォーク/ファンク/ロック・ミュージシャン、キザイア・ジョーンズに衝撃を受け、「黒人でありながらフォークやロックができるのだということを理解させてくれた人。音楽の扉を開いてくれた」と語っている[1]

1998年パリに出て、地下鉄の駅や街頭、バー、ライブハウスなどでライブを重ね、2000年ソニー・エピックと契約した。メジャー契約後も精力的にライブを行い、現在も年の公演数は100回を超える。

2004年À la faveur de l'automne (ア・ラ・ファヴール・ドゥ・ロートン) がフランスの権威あるヴィクトワール賞にノミネートされた。

同年6月、NHK教育テレビの『フランス語会話』でテテが紹介され、日本でも知られるようになった。同番組で2005年4月から1年間、オープニングおよびエンディング曲Montréal (モンレアル) と La Tchave (ラ・チャーヴ) が使われた。

2011年4月から半年間、NHKラジオ第2放送の『まいにちフランス語初級編』でオープニングに Love love love(ラヴ ラヴ ラヴ)と Petite Chanson(小さなシャンソン)が使われた。

3rdアルバム『ル・サクル・デ・レミング』初のアメリカ録音となった4thアルバム『夜明けの最初の輝き』に続き、2013年に5thアルバム『裸のままで』を発売。そして2014年には初の英語詞曲を集めたミニ・アルバム『ホームブリュウ52』を日本限定で発売している。

今までに来日も9回を数え、ナイジェリアの女性歌手アシャ、フランスのトリヨといったアーティストとの共演する一方で、沖縄や九州、四国など小さなライヴハウスを巡るツアーも行っていて、2015年にはシンガー・ソングライターの金 佑龍(キム・ウリョン)と一緒に”Folky Quirky Tour”を敢行。またサウンド的にも、ブルーズへの傾倒からギターをオープンチューニングに変え、その力強く響くアクースティック・ギターに独特のメロディー、そしてその一度聴いたら忘れられない声から生み出される音楽は、まさにワン・アンド・オンリーの魅力を持っている。またキリン缶チューハイ氷結や森永乳業の企業CMなどでもテテの歌が使われた。

2016年9月18日に開催されたくるりが主催する京都音楽博覧会2016に出演した。

2004年9月、プロモーションで初来日。

2005年3月、初の日本ツアー。

2007年5月、2度目のプロモーション来日。

2007年9月、2度目の日本ツアー。

2010年11月、3度目のプロモーション来日。

2011年4月、3度目の日本ツアーが予定されていたが、3月11日の東日本大震災の影響でツアーが中止になる。

2011年10月、3度目の日本ツアー。朝霧JAMにも出演(10月9日)。

2013年5月、4度目のプロモーション来日。

2013年11月、4度目の日本ツアー。初めて沖縄でも公演も行った。

2015年3月、5度目の日本ツアーを行う。金佑龍(キム・ウリョン)とともに姫路・徳島・京都・名古屋・横浜・東京を巡った。

ディスコグラフィ[編集]

アルバム[編集]

  • 2001: L'Air de rien (レール・ドゥ・リヤン)
  • 2003: À la faveur de l'automne (ア・ラ・ファヴール・ドゥ・ロートン)
  • 2006: Le Sacre des lemmings et autres contes de la lisière (ル・サクル・デ・レミング)
  • 2010: Le Premier Clair de l'aube (ル・プルミエ・クレール・ドゥ・ローブ 邦題:夜明けの最初の輝き)
  • 2013: Nu là-bas(ニュ・ラ=バ 邦題:裸のままで)
  • 2015: #Homebrew52(ホームブリュウ52)*4曲入りミニ・アルバム。日本限定発売
  • 2016: Les Chroniques de Pierrot Lunaire(レ・クロニック・ドウ・ピエロ・リュネール 邦題:ピエロ・リュネール氏の半生)

ライヴ・アルバム[編集]

  • 2003: Par monts et vallons (パル・モン・エ・ヴァロン)

コンピレーション・アルバム[編集]

  • 2006: Putain de toi: Un hommage à Brassens
  • 2008: Night In France

シングル[編集]

  • 2014: À la faveur de l'automne
  • フランス盤はSony Music Entertainment Franceから発売されている(2001年 - 2010年)。
  • 日本盤はいずれもMeta Company Limited[1]から発売されている。

参考文献[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 向風三郎 (2007), ポップ・フランセーズ 名曲 101 徹底ガイド, 音楽出版社, ISBN 978-4-86171-034-6 

外部リンク[編集]