ツーショットダイヤル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ツーショットダイヤル (和製英語:Two-Shot Dial)とはダイヤルQ2、一般の公衆回線、国際電話回線を利用した男性有料・女性無料の双方向会話サービス。

概要[編集]

男女の出会いや交際を目的としたもので1990年代に若者の間で人気となった。 名称は男女が二人きりになる、デートするという意味の当時の若者の俗語であったツーショットに由来し、サービス利用者間で気に入った同士の男女は二人だけで会話することができた。当初の仕組みは男性がNTTによる情報料金課金回収代行サービスであるダイヤルQ2回線から電話し(通話料を除いて1分100円の情報提供利用料金)女性はフリーダイヤルを通じて結線されていた。男女ともにプッシュ操作で通話相手が変更できた。

サービスの由来は同様の事が目的のテレクラ(テレフォンクラブ、テレホンクラブ)と呼ばれる電話を利用した風俗店であるが、ダイヤルQ2の登場により自宅の電話からも気軽に利用できる事から人気が高まった。

社会問題[編集]

Q2サービス開始直後からの爆発的な利用拡大に伴って、援助交際目的の利用が次第に増え少年非行や未成年相手の淫行の温床になったり、若年者が長時間利用したことによる高額の利用料金請求などが社会問題となった。また同時に不当請求事件(回線所有者自身がQ2利用した記憶がないのにNTTから請求がある)、情報提供事業者が自ら違法テレカを利用し自らの提供番組に電話し不当利益を得る、などの事故も起こった。

1991年、世論や事態を重視したNTTは、情報提供事業者の電話回線の利用企画書をより厳しくチェックしたり、当初の利用企画書内容と異なる事業内容の番組の回線利用(すなわちツーショットダイヤル)をしている事業のQ2回線利用契約を更新しない、といった自主規制に乗り出した。これにより1992年にはダイヤルQ2回線を利用したツーショットダイヤル事業者は事実上消滅している。ただしQ2での利用中に一定の暗証番号を入力するとアダルト番組に切り替わる方法(「裏Q2」、「裏ツー」)で数年間はQ2で運営するアダルトテレホン業者は存在した。

一方で1991年以降、ツーショットダイヤル事業者はこの規制に対応すべく、男性の利用料金の課金を銀行振込やクレジットカードによる決済を利用した利用ポイント数(1分100円。1ポイント)管理方式の一般の公衆回線経由のツーショットダイヤル事業に切り替えて事業を継続したり、男性側回線の課金に国外への通話を発生させた際の着信国側の通信会社からの払戻を利益原資とした国際電話回線を利用した。1993年にイーステムが後払い方式(電話番号で会員登録させ、支払わないと督促がかかるしくみ)を 開発し1994年以降急速に普及し、Q2規制後は課金方法の主流となった。

またこの頃から女性のサービス利用者が雑誌広告や街頭配布ティッシュでは、男性側の需要に追いつかない 或いは 長時間の通話が期待できない(男性側が従量課金なので長く話すほうが事業者収益が増える)故に、女性向けの求人誌などを利用した一般利用客に扮した在宅アルバイト(サクラ)雇用が増加した。

1990年後半から2002年ごろ[編集]

1990年代後半からは全国の自治体でツーショットダイヤルについて年齢確認など規制をする条例が制定されていき、衰退傾向が見られた。2002年には風俗営業法の改正で「専ら、面識のない異性との一時の性的好奇心を満たすための交際を希望する者に対し、会話の機会を提供することにより異性を紹介する営業で、その一方の者からの電話による会話の申込みを電気通信設備を用いて当該店舗内に立ち入らせた他の一方の者に取り次ぐことによつて営むもの」という定義の「無店舗型電話異性紹介営業」してツーショットダイヤルを規制したことで、ますます利用者が減少し、ツーショットダイヤルは次第に衰退し、運営業者も急減していった。

2002年ごろから最近の傾向[編集]

2002年になると、ドコモのiモードなど携帯電話でのWEBアクセス機能を利用して、携帯画面で女性の写真を見ながら会話する方法が開発された。 また年齢確認の義務化によって一般の女性の利用がほぼなくなり、その代わりに女性のオペレータさくら)を前提としてサービスを継続したり、シニア向けやSMスカトロといった特殊マニア向けにサービスを展開したり、携帯電話のTV電話機能を利用した動画を見ながらのサービスを行うなど、現在でもツーショットダイヤルは根強い人気がある。また近年はスマートフォンやIP電話の利用に対応するなどの傾向が見られる。

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]