チャールズ・ローゼン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

チャールズ・ローゼンCharles Rosen, 1927年5月5日 - 2012年12月9日[1][2])は、アメリカ合衆国ピアニスト

経歴[編集]

ニューヨーク市の生まれ[3]

4歳から母親の手ほどきで音楽を習い始め、ジュリアード音楽院に進学するも、中退してモーリツ・ローゼンタールの薫陶を受けた。 1951年プリンストン大学フランス文学博士号を取得[3]し、ニューヨーク州立大学オクスフォード大学ハーバード大学シカゴ大学マサチューセッツ工科大学等でフランス語を教える傍らピアニストとしての活動を継続した。 エリオット・カーターの作品の擁護者でもあり、1980年にはカーターからナイト・ファンタジー英語版を献呈されている。

音楽学者としても著書があり、『ソナタ諸形式』やアルノルト・シェーンベルクの評伝等がある。

ニューヨーク市にて没。

著作[編集]

  • 『シェーンベルク』武田明倫訳、岩波現代選書、1984年9月
  • 『ソナタ諸形式』福原淳訳、アカデミア・ミュージック、1997年3月
  • 『ピアノ・ノート:演奏家と聴き手のために』朝倉和子訳、みすず書房、2009年9月
  • 『音楽と感情』みすず書房、2011年12月
  • ベートーヴェンを"読む" : 32のピアノソナタ』小野寺粛訳、道出版、2011年12月

脚註[編集]