チャーリー・バーチル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
チャーリー・バーチル
Charlie Burchill
Ch Burchill.jpg
ハノーファーにて(2015年2月)
基本情報
出生名 Charles Burchill
生誕 (1959-11-27) 1959年11月27日(58歳)
出身地 スコットランドの旗 スコットランド グラスゴー
ジャンル ポストパンク
ニュー・ウェーヴ
オルタナティヴ・ロック
職業 ミュージシャンソングライター
担当楽器 ギターキーボードベースドラムスサックスヴァイオリンプログラミング
活動期間 1977年 -
共同作業者 シンプル・マインズ
公式サイト www.simpleminds.com

チャーリー・バーチルCharlie Burchill、出生名:チャールズ・バーチル Charles Burchill 1959年11月27日 - )は、スコットランドミュージシャンソングライターロックバンドシンプル・マインズギタリストとして最もよく知られる。

人物[編集]

1959年グラスゴーに生まれる[1]。高校時代にボーカルジム・カーらと共にJohnny and the Self Abusersを結成し、ギターを担当した。バンドはその後シンプル・マインズに名前を変え1979年にデビューし、現在も活動中である。ジム・カーと共に、バンド結成から現在まで在籍するオリジナルメンバーである。

バーチルはディレイコーラスなどのエフェクターを多用した演奏方法を得意としており、これは1982年リリースのアルバム『黄金伝説』において最も顕著である。初期のアルバムにおいては、ヴァイオリンサックスなども演奏するマルチプレイヤーとしてバンドに貢献。1990年キーボーディストであるマイケル・マクニールが脱退してからはキーボードプログラミングなども担当し、バンドのメインプレイヤーとしての役割を果たしている。

脚注[編集]

外部リンク[編集]