ダグ・サマーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ダグ・サマーズ
プロフィール
リングネーム ダグ・サマーズ
本名 ダグラス・サマーソン
ニックネーム プリティ・ボーイ
身長 185cm[1] - 190cm[2]
体重 105kg[1] - 112kg[2]
誕生日 (1951-09-22) 1951年9月22日
死亡日 (2017-05-16) 2017年5月16日(満65歳没)[3]
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ミネソタ州の旗 ミネソタ州
ヘネピン郡ミネアポリス
トレーナー バーン・ガニア[1]
ハーリー・レイス[2]
デビュー 1971年[2]
引退 2012年[4]
テンプレートを表示

"プリティ・ボーイ" ダグ・サマーズ"Pretty Boy" Doug Somers、本名:Douglas Duane Somerson1951年9月22日 - 2017年5月16日[3])は、アメリカ合衆国プロレスラーミネソタ州ミネアポリス出身。

地元ミネアポリスを本拠地とするAWAを主戦場に、ヒールの中堅選手として活動した。元AWA世界タッグ王者であり[5]、主にタッグマッチにおいて実績を築いた。

来歴[編集]

ミネソタ州立大学を中退後、バーン・ガニアのレスリング・キャンプに入り、1970年代前半にデビューしたとされる[1]。以降、AWAを中心に、NWAミッドアトランティックジョージアフロリダなど各地を前座要員として転戦[6]1975年11月には、同時期よりAWAとの提携を開始した全日本プロレスに初来日[1]ジャンボ鶴田ザ・デストロイヤーとのシングルマッチも組まれた[7]

その後、ザ・ファンクスが主宰していたテキサス西部のアマリロ地区に参戦。1977年4月7日にスーパー・デストロイヤー(アート・ネルソン)を破り、NWAウエスタン・ステーツ・ヘビー級王座を獲得[8]1978年9月28日にはロジャー・カービーと組んでドリー・ファンク・ジュニア&ラリー・レーンから同タッグ王座も奪取、ディック・マードック&ブラックジャック・マリガンの大型コンビともタイトルを争った[9]

1980年オクラホマのトライステート地区にてロン・マクファーレンをパートナーに、トミー・ギルバート&エディ・ギルバートヘクター・ゲレロ&ロン・セクストンなどのチームとNWAトライステート・タッグ王座を争う[10]。同王座は1981年10月にも、ポークチョップ・キャッシュと組んでチーフ・フランク・ヒル&エリック・エンブリーから奪取しており、通算3回に渡って戴冠した[10]

その後はセントラル・ステーツ地区を経て、1984年太平洋岸北西部のパシフィック・ノースウエスト・レスリングに登場し、ジュールズ・ストロンボースコット・マギートム・プリチャードマット・ボーンマンド・ゲレロスタン・スタージャックボビー・ジャガーズなどと対戦[11]1985年オレイ・アンダーソン主宰のチャンピオンシップ・レスリング・フロム・ジョージアにてチック・ドノバンとのタッグチームで活動、トミー・リッチサンダーボルト・パターソンとも対戦した[12]

1986年より古巣のAWAに復帰[6]シェリー・マーテルマネージャーに迎え、"プレイボーイ" バディ・ローズとの金髪コンビを結成、5月17日にスコット・ホール&カート・ヘニングを破ってAWA世界タッグ王座を獲得した[5]。以降、マーティ・ジャネッティ&ショーン・マイケルズのミッドナイト・ロッカーズと抗争を繰り広げ、1987年1月27日にロッカーズに敗れるまでタイトルを保持した[5]。AWA世界タッグ王座には同年10月にも、WWFに移籍したボリス・ズーコフの後任として、ソルダット・ユスティノフのパートナーとなって戴冠している[5]

AWA離脱後の1989年2月、全日本プロレスへ久々に来日。ザ・グレート・カブキとのシングルマッチや、ジェリー・オーツと組んでのジャイアント馬場とのタッグマッチなどに出場した[13]1990年代に入るとWCWやWWFでジョバーを務め[14]、WCWでは1991年10月7日のTVショーにてスティングと対戦[15]。WWFでは1992年9月2日、ナチュラル・ディザスターズが保持していたWWF世界タッグ王座アイアン・マイク・シャープと組んで挑戦した[16]

2000年代末より各地のインディー団体にスポット参戦していたが[6][14]2012年に現役を引退した[4]

2017年5月16日、65歳で死去[3][4]

獲得タイトル[編集]

NWAウエスタン・ステーツ・スポーツ
  • NWAウエスタン・ステーツ・ヘビー級王座:1回[8]
  • NWAウエスタン・ステーツ・タッグ王座:1回(w / ロジャー・カービー[9]
NWAトライステート
アメリカン・レスリング・アソシエーション

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 『全日本プロレス 来日外国人選手 PERFECTカタログ』P73(2002年、日本スポーツ出版社
  2. ^ a b c d Doug Somers”. Cagematch.net. 2016年7月3日閲覧。
  3. ^ a b c "Pretty Boy" Doug Somers passes away at 65 years old”. Wrestling Observer Newsletter (2017年5月16日). 2017年5月18日閲覧。
  4. ^ a b c “元AWA世界タッグ王者 ダグ・サマーズ氏死去 65歳”. Nikkansports.com. 日刊スポーツ新聞社. (2017年5月18日). http://www.nikkansports.com/battle/news/1825268.html 2017年5月18日閲覧。 
  5. ^ a b c d e AWA World Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2016年7月3日閲覧。
  6. ^ a b c Doug Somers: Places”. Wrestlingdata.com. 2016年7月3日閲覧。
  7. ^ AJPW 1975 Giant Series 2”. Puroresu.com. 2016年7月3日閲覧。
  8. ^ a b NWA Western States Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2016年7月3日閲覧。
  9. ^ a b NWA Western States Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2016年7月3日閲覧。
  10. ^ a b c NWA Tri-State Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2016年7月3日閲覧。
  11. ^ The PNW matches fought by Doug Somers in 1984”. Wrestlingdata.com. 2016年7月3日閲覧。
  12. ^ The CWG matches fought by Doug Somers in 1985”. Wrestlingdata.com. 2016年7月3日閲覧。
  13. ^ The AJPW matches fought by Doug Somers in 1989”. Wrestlingdata.com. 2016年7月3日閲覧。
  14. ^ a b Doug Somers: Matches”. Cagematch.net. 2016年7月3日閲覧。
  15. ^ WCW World Championship Wrestling”. Cagematch.net. 2016年7月3日閲覧。
  16. ^ WWF Wrestling Challenge #317”. Cagematch.net. 2016年7月3日閲覧。

外部リンク[編集]