タイガーエア・オーストラリア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
タイガーエア・オーストラリア
Tigerair Australia
Tigerair.svg
IATA
TT
ICAO
TGW
コールサイン
GO CAT
設立 2007年
ハブ空港 メルボルン空港
シドニー国際空港
ブリスベン空港
航空連合 バリューアライアンス
保有機材数 17機
就航地 17都市
親会社 ヴァージン・オーストラリア
本拠地 オーストラリア メルボルン
外部リンク https://tigerair.com.au/
テンプレートを表示

タイガーエア・オーストラリア(Tigerair Australia)はオーストラリア格安航空会社である。2013年、タイガー・エアウェイズ・オーストラリア(Tiger Airways Australia)から社名を変更した[1]

概要[編集]

シンガポール航空が出資をしているタイガーエアウェイズ・ホールディングスにより、2007年に設立、同年11月23日に運航を開始した。メルボルン空港シドニー国際空港ブリスベン空港を拠点にしている。

2011年に安全規定違反を受けて、オーストラリアの航空当局から一時運行停止を命じられている[2][3]

2013年にヴァージン・オーストラリアが株式の60%を3500万オーストラリア・ドルで取得、残る40%についても、2014年10月に1オーストラリア・ドルで取得することが発表された[3]。なお、運航は継続される[4]

2017年、タイガーエアはスクートと合併し、タイガーエアブランドは消滅したが、ヴァージン・オーストラリア傘下の同社は、現在もタイガーエアブランドを継続している。

就航都市[編集]

所有機材[編集]

2017年9月現在[5][6]

脚注[編集]

  1. ^ タイガー・エアウェイズ、「タイガーエア」へ名称変更”. フライチーム (2013年7月4日). 2014年10月17日閲覧。
  2. ^ タイガーエアウェイズが、オーストラリアで運航差し止めに”. トライシー (2011年7月10日). 2014年10月17日閲覧。
  3. ^ a b 豪ヴァージン、1豪ドルで格安航空タイガーエア買収”. ウォール・ストリート・ジャーナル日本版 (2014年10月17日). 2014年10月17日閲覧。
  4. ^ タイガーエアHD、オーストラリア市場撤退 ヴァージン・オーストラリアに株式を約94円で売却”. トライシー (2014年10月17日). 2014年10月17日閲覧。
  5. ^ [http://www.airfleets.net/flottecie/Tigerair%20Australia.htm Tigerair Australia fleet details] - AirFleets.net
  6. ^ Tigerair Australia Fleet Details and History - Planespottes.net

関連項目[編集]

外部リンク[編集]