ソワソン管区

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
486年頃のソワソン管区の領域

ソワソン管区(ソワソンかんく、英語: Domain of Soissons)は、古代末期ガリア北部にあった地域である。通俗的に西ローマ帝国が滅亡したとされる476年以後もローマ人による支配を維持し、486年の滅亡までローマの文化、行政体制、カトリック信仰を保持した。ソワソン王国やガロ・ローマ王国オランダ語版と呼ばれることもある。

歴史[編集]

西ローマ帝国の皇帝マヨリアヌス(在位: 457年 - 461年)は、ガリア地方の軍司令官(マギステル・ミリトゥム)としてアエギディウスを任命した。ガリア北部に残された西ローマ帝国の領域は、ラングドックオーヴェルニュを含む細い支配領域によって辛うじてイタリア本土と結ばれていたが、マヨリアヌスの治世にこの回廊地帯はゲルマン人によって占拠され、ガリア北部は本国と切断された飛び地となった。アエギディウスはスエッシオ(ソワソン)に拠点を置き、帝国が混乱し蛮族に領土を奪われていく中で、ガリアにおけるローマ人の支配を維持した。

461年、マヨリアヌスが兵士の反乱に遭って殺害され、セウェルス3世がローマ皇帝として推戴された。アエギディウスはセウェルス3世に従うことを不服とし、帝国の代官を追放してて西ローマ帝国から独立した[1][2]。このガリアにおける西ローマ帝国から独立したローマ人の支配地域は、ソワソン管区またはソワソン王国と呼ばれるようになった。アエギディウスはイタリアの帝国政府と戦う一方、ブルトン人フランク人とはおおむね良好な関係を築いていたようで、フランク人からはフランクの副王として厚遇されている。

476年頃の東西ローマ帝国

アエギディウスは465年または464年の末頃にロワールで突然死した。一説には毒殺もしくは殺害であったともされるが、死因は不明である。息子のシアグリウスが後を継ぎ、ドゥクスの称号を称したが、周辺のゲルマン人は「ローマ人の王」とみなした。彼に対する記述からは、彼がローマ的というよりはゲルマン人と同じような形でソワソン管区を支配していたであろうと推測されている[3]

474年ユリウス・ネポスが西ローマ皇帝として即位を宣言すると、シアグリウスは、これを正当なる西帝として認知した。475年にネポス帝はフラウィウス・オレステスの反乱によってダルマチアへの亡命を余儀なくされ、フラウィウス・オレステスが息子のロムルス・アウグストゥルスを西ローマ皇帝に擁立するが、アウグストゥルスは476年にオドアケルによって廃される。亡命後もネポスはダルマチアで依然として西ローマ皇帝を称し、480年に暗殺されるのだが、シアグリウスは一貫してネポス支持の立場を変えなかった。

481年頃のガリア
  ローマ人領(ソワソン管区

486年メロヴィング朝フランク王国クローヴィスが、場所と時を告げてシアグリウスに挑戦してきた(ソワソンの戦い[4]。ソワソンは陥落し、ここにソワソン管区は滅びた。シアグリウスは、トゥールーズにあった西ゴートアラリック2世の宮廷に逃れて庇護を求めたが、捕らえられてクローヴィスのもとへ引き渡された。そして487年に密かに刺殺された。

脚注[編集]

  1. ^ エドワード・ギボンローマ帝国衰亡史』5巻、岩波書店、村山勇三(訳)、1954年、p.340。
  2. ^ 『アシェット版 図説ヨーロッパ歴史百科 系譜から見たヨーロッパ文明の歴史』原書房、p.100。
  3. ^ H.R.ロイン「シアグリウス」『西洋中世史事典』、東洋書林、1999年。
  4. ^ エドワード・ギボンローマ帝国衰亡史』5巻、岩波書店、村山勇三(訳)、1954年、p.341。

参考文献[編集]

  • トマス・クローウェル 『図説 蛮族の歴史 〜世界史を変えた侵略者たち』 蔵持不三也訳、原書房、2009年。ISBN 978-4562042975

関連項目[編集]

外部リンク[編集]