ソウル国際マラソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ソウル国際マラソン
開催時期 3月
開催地 韓国の旗 韓国ソウル特別市
コース ロードコース
距離 マラソン
主要スポンサー サムスン電子KB国民銀行アシックス
創立 1931年
公式サイト 日本語サイト

ソウル国際マラソン(別名東亜マラソン大会)は、東亜日報社とソウル特別市、大韓陸上競技連盟が毎年3月第3日曜日に開催される韓国最大のマラソン大会。

歴史[編集]

第1回は1931年。1939年から東亜日報が主催。1940年から朝鮮総督府の命令で大会が中断される。1953年短縮マラソンとして復活。1964年に現在の名称となる。1982年からKBSテレビで初の実況生中継を開始。一時期は春川慶州で開催されていたが、2000年から再びソウルでの開催に戻っている。国際陸上競技連盟(IAAF)ゴールドラベルロードレース[1]として指定されている。

コースは光化門広場をスタート地点とし、蚕室オリンピック主競技場をフィニッシュ地点としている。

主な優勝者[編集]

男子[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Jalava, Mirko (2005-11-07). Kiplagat takes 2:08 course record victory in Seoul. IAAF. Retrieved on 2011-03-19.

外部リンク[編集]