ドバイマラソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ドバイマラソン(正式名称:Standard Chartered Dubai Marathon)はアラブ首長国連邦(UAE)ドバイで毎年1月に開催されるマラソン大会で、男女同時に開催される。スタートおよびフィニッシュはブルジュ・ハリーファで、大半をペルシア湾を眺めながら往復する起伏の無いフラットなコースである[1]

第1回は2000年1月14日に開催された。男女ともに優勝賞金20万USドル、世界新記録樹立ならさらに10万USドルと高額な賞金もあって有望な選手が競い合い、近年2時間5分以内の記録が続出している[2]

2008年の男子部門で、ハイレ・ゲブレセラシェが2時間4分53秒で優勝したが、世界記録には届かず、2010年には3連覇を達成したものの賞金は逃し続けている[3]

2012年の大会は、男女ともに空前の高速レース展開となった。男子は2時間10分以内が17人、2時間5分以内を記録した選手が4人で、3位までが世界歴代9位以内に入った。女子は2時間20分以内を記録した選手が3人で、優勝したアセレフェチュ・メルギアは世界歴代7位に、2位のルーシー・ワゴイ・カブー英語版が同8位に入った。

2014年男子では、前年の同大会でペースメーカーを勤めたわずか18歳のツェガエ・メコネン・アセファ(エチオピア)が初マラソンながら2:04:32のタイムで優勝し、非公式ジュニア世界新記録(IAAFはジュニアのマラソン記録を公認していないため)を95秒塗り替えた。

歴代優勝者[編集]

 -数字- は優勝回数、 太字 は大会記録(いずれも当時)。

  日付 男子選手 タイム 女子選手 タイム
1 2000/1/14  Wilson Kibet (KEN) 2:12:21  Ramilya Burangulova (RUS) 2:40:22
2 2001/1/12  Wilson Kibet (KEN) -2- 2:13:36  Ramilya Burangulova (RUS) -2- 2:37:07
3 2002/1/11  Wilson Kibet (KEN) -3- 2:13:04  Albina Majorowa (RUS) 2:33:31
4 2003/1/10  Joseph Kahugu (KEN) 2:09:33  Irina Permitina (RUS) 2:36:26
5 2004/1/9  Gashaw Asfaw (ETH) 2:12:49  Leila Aman (ETH) 2:42:36
6 2005/1/7  Dejene Guta (ETH) 2:10:49  Diribe Hunde (ETH) 2:39:08
7 2006/1/17  Joseph Ngeny (KEN) 2:13:36  Delilah Asiago (KEN) 2:43:09
8 2007/1/12  William Rotich (KEN) 2:09:53  Askale Tafa (ETH) 2:27:19
9 2008/1/18  ハイレ・ゲブレセラシェ (ETH) 2:04:53  ベルハネ・アデレ (ETH) 2:22:42
10 2009/1/16  ハイレ・ゲブレセラシェ (ETH) -2- 2:05:29  Bezunesh Bekele (ETH) 2:24:01
11 2010/1/22  ハイレ・ゲブレセラシェ (ETH) -3- 2:06:09  Mamitu Daska (ETH) 2:24:19
12 2011/1/21  David Barmasai Tumo (KEN) 2:07:18  アセレフェチュ・メルギア (ETH) 2:22:45
13 2012/1/27  アエレ・アブシェロ (ETH) 2:04:23  アセレフェチュ・メルギア (ETH) -2- 2:19:31
14 2013/1/25  レリサ・デシサ (ETH) 2:04:45  Tirfi Tsegaye (ETH) 2:23:23
15 2014/1/24  ツェガエ・メコネン・アセファ英語版 (ETH) 2:04:32  ムラ・セボカ・セイフドイツ語版 (ETH) 2:25:01
16 2015/1/23[4]  レミ・ビルハヌ英語版 (ETH) 2:05:28  アセレフェチュ・メルギア (ETH) -3- 2:20:02

脚注[編集]

  1. ^ http://www.dubaimarathon.org/race-info/routes-maps/
  2. ^ http://www.dubaimarathon.org/news-media/prize-money/
  3. ^ “ゲブレ、ドバイ・マラソン3連覇 世界新記録ならず”. 共同通信社. (2010年1月22日). http://www.47news.jp/CN/201001/CN2010012201000519.html 2010年1月22日閲覧。 
  4. ^ http://www.dubaimarathon.org/news/ethiopian-clean-sweep-at-standard-chartered-dubai-marathon/

外部リンク[編集]