スフォルツェスコ城

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
スフォルツァ城から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動
スフォルツェスコ城
Castello Sforzesco
イタリア・ミラノ
20110725 Castello Sforzesco Milan 5557.jpg
The Torre del Filarete.
スフォルツェスコ城の位置(イタリア内)
スフォルツェスコ城
イタリアの地図
座標 北緯45度28分12秒 東経9度10分43秒 / 北緯45.47000度 東経9.17861度 / 45.47000; 9.17861座標: 北緯45度28分12秒 東経9度10分43秒 / 北緯45.47000度 東経9.17861度 / 45.47000; 9.17861
施設情報
所有者 ミラノのコミューン
一般公開 博物館として公開
現況 建築家Luca Beltramiによるレストア (1891-1905)
ウェブサイト www.milanocastello.it/en
歴史
建設 1360年-1499年
使用期間 1862年まで

スフォルツェスコ城またはスフォルツァ城イタリア語:Castello Sforzesco)は、イタリアミラノにある城塞。現在は美術館としても公開されている。

歴史[編集]

1358年から1370年ごろ、中世イタリア・ミラノの名族ヴィスコンティ家僭主ガレアッツォ2世・ヴィスコンティによって[1]、近くの市壁門の名前から「 Castello di Porta Giova (もしくは Porta Zubia)」と呼ばれる城として建造命令がなされた[2]居城として子孫たちによって拡張されていったが[2]、1447年にミラノで発足した短命政権「黄金のアンブロジアーナ共和国英語版」によって破壊された。

1450年ミラノ公爵フランチェスコ・スフォルツァがヴィスコンティ家の居城を改築して城塞とした。その後、16世紀から17世紀にかけて改装・増築され、ヨーロッパでも有数の規模の城塞となった。1796年この地を征服したナポレオンによって一部の施設が破壊されたが、1891年から1905年にかけて、建築家ルカ・ベルトラミらによって修復された。

もともとは星型の形状の広大な城郭であったが、現存しているのは元々の面積の1/4程度以下であり、残りの敷地は公園や道路となっている。現在、スフォルツェスコ城の内部は市立博物館(スフォルツェスコ城博物館;Pinacoteca del Castello Sforzesco)となっている。内部にはミケランジェロの最後の作品「ロンダニーニのピエタ」などが展示されている。また、アッセの間の天井と壁には、レオナルド・ダ・ヴィンチが未完成の壁画を残しているが、後年、塗りつぶされている。この壁画については、2013年現在修復作業が続けられている[3]

ギャラリー[編集]

城内の博物館[編集]

出典[編集]

  1. ^ Page at icastelli.it (イタリア語)
  2. ^ a b Guida Milano. Touring Club Italiano. (1985). p. 436. 
  3. ^ “塗料の下に数百年眠っていたダビンチの絵 波乱の運命、やっと表に”. 産経新聞. (2013年11月18日). http://sankei.jp.msn.com/world/news/131118/erp13111814460009-n1.htm 2013年11月18日閲覧。 

外部リンク[編集]

公式ホームページ