ステイ・フレンズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ステイ・フレンズ
Friends with Benefits
監督 ウィル・グラック
脚本 キース・メリーマン
デイヴィッド・A・ニューマン
ウィル・グラック
原案 ハーリー・ペイトン
キース・メリーマン
デイヴィッド・A・ニューマン
製作 マーティン・シェイファー
リズ・グロッツァー
ジェリー・ザッカー
ジャネット・ザッカー
ウィル・グラック
製作総指揮 グレン・S・ゲイナー
出演者 ジャスティン・ティンバーレイク
ミラ・キュニス
撮影 マイケル・グレイディ
編集 ティア・ノーラン
製作会社 キャッスル・ロック・エンターテインメント
ザッカー・プロダクションズ
オリーヴ・ブリッジ・エンターテインメント
配給 アメリカ合衆国の旗 スクリーン・ジェムズ
日本の旗 ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
公開 アメリカ合衆国の旗 2011年7月22日
日本の旗 2011年10月1日
上映時間 107分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $35,000,000[1]
興行収入 $149,542,245[1]
テンプレートを表示

ステイ・フレンズ』(原題: Friends with Benefits)は、2011年アメリカ合衆国で公開されたロマンティック・コメディ映画。

ストーリー[編集]

キャスト[編集]

ディラン・ハーパー
演 - ジャスティン・ティンバーレイク、日本語吹替え - 浪川大輔
ロサンゼルス出身の敏腕アートディレクターGQに転職。
ジェイミー・レリス
演 - ミラ・クニス、日本語吹替え - 斉藤梨絵
ニューヨークの人材コンサルタント(ヘッドハンター)。
ローナ
演 - パトリシア・クラークソン、日本語吹替え - 藤田淑子
ジェイミーの母。奔放で男関係がルーズ。
アニー
演 - ジェナ・エルフマン、日本語吹替え - 葛城七穂
ディランの姉。
パーカー
演 - ブライアン・グリーンバーグ、日本語吹替え - 松本忍
ジェイミーのデート相手。医師。
ハーパー氏
演 - リチャード・ジェンキンス、日本語吹替え - 小島敏彦
ディランとアニーの父。元ロサンゼルス・タイムズ記者。アルツハイマーを患っている。
トミー
演 - ウディ・ハレルソン、日本語吹替え - 内田直哉
ディランの同僚。フォントにこだわるスポーツエディター。ゲイ。
ケイラ
演 - エマ・ストーン、日本語吹替え - 田村睦心
ディランの前の恋人。ジョン・メイヤーの大ファン。
サミー
演 - ノーラン・グールド
アニーの息子。ディランの甥。
クインシー
演 - アンディ・サムバーグ
ジェイミーの前の恋人。アレルギー体質。
ダリン・アートゥーロ・モレーナ
演 - マシ・オカ、日本語吹替え - 後藤ヒロキ
ディランと飛行機の席で隣り合わせた男。
マディソン
演 - ラシダ・ジョーンズ(カメオ出演)
ジェイミーの好きな恋愛映画のヒロイン。
ブライス
演 - ジェイソン・シーゲル(カメオ出演)
ジェイミーの好きな恋愛映画のヒロインの相手役。
ショーン・ホワイト
演 - 本人(カメオ出演)
プロ・スノーボーダー。ジェイミーの友人。ディランを必要以上に敵視している。

製作[編集]

グラックはかねてよりティンバーレイクとキュニスとともに仕事をすることを望んでおり、脚本を彼ら向けに脚色した[2]。またグラックにはキャサリン・ヘプバーンスペンサー・トレイシーの一連の映画を現代に再現するという狙いがあった[2]

撮影は2010年7月13日にニューヨークで始まり、2010年9月にロサンゼルスで終わった[3]

宣伝[編集]

2010年11月5日に年齢制限付き予告編が[4]、2011年3月16日に劇場用予告編が公開された[5]。後者はYouTubeで公開されると、48時間のうちに100万回以上の再生を集め、その日YouTubeで最も再生された動画の2位、「映画」カテゴリの1位となった[6]

評価[編集]

本作は批評家から概ね高い評価を得た。Rotten Tomatoesは100個のレビューのうち68%が本作を支持し、評価の平均は6.4/10、批評家の総意は「『ステイ・フレンズ』がお決まりのロマンティック・コメディの常道に付加する目新しいものは何もないが、ジャスティン・ティンバーレイクとミラ・キュニスのケミストリはほとんどそれだけで映画を支えるのに十分である」と報告している[7]Metacriticは36個の批評に基づき、63/100という「広く好意的な評価」の加重平均値を示している[8]

参考文献[編集]

  1. ^ a b Friends with Benefits” (英語). Box Office Mojo. Amazon.com. 2011年11月12日閲覧。
  2. ^ a b Yamato, Jen (2010年9月18日). “'Easy A' Director Will Gluck on Teen Sex and '80s Fantasy Boyfriends” (英語). Cinematical. AOL. 2011年5月28日閲覧。
  3. ^ Bord, Christine (2010年7月12日). “‘Friends With Benefits’ first filming location in NYC” (英語). On Location Vacations. 2011年5月28日閲覧。
  4. ^ Raup, Jordan (2010年11月5日). “Will Gluck’s ‘Friends With Benefits’ Red Band Trailer Starring Justin Timberlake and Mila Kunis” (英語). The Film Stage. 2011年5月28日閲覧。
  5. ^ Reynolds, Simon (2011年3月16日). “World Exclusive: 'Friends With Benefits' trailer” (英語). Digital Spy. 2011年5月28日閲覧。
  6. ^ 'Friends with Benefits' preview gets over a million views in 48 hours: viral video spotlight” (英語). The Independent (2011年4月20日). 2011年5月28日閲覧。
  7. ^ Friends with Benefits (2011)” (英語). Rotten Tomatoes. Flixster. 2011年7月31日閲覧。
  8. ^ Friends with Benefits” (英語). Metacritic. CBS. 2011年7月31日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]