フラッシュモブ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
トロントで行われたピローファイトフラッシュモブ

フラッシュモブ: flash mob)とは、インターネット上や口コミで呼びかけた不特定多数の人々が申し合わせ、雑踏の中の歩行者を装って通りすがり、公共の場に集まり前触れなく突如としてパフォーマンスダンス演奏など)を行って、周囲の関心を引いたのち解散する行為[1][2][3][4][5][6][7][8]

概要[編集]

狭義では政治的な意味合いを持つもの(デモ活動等)は含まれない。現代芸術的な様相を呈する場合もある。企画者が不特定多数の参加者に呼びかける際には、事前の準備に手間やコストがあまりかからないようにし、難しいテクニックを必要とせずに単純なパフォーマンスを求めるなどして、参加へのハードルが低いものとしていることが多い。

2003年5月にニューヨークでビル・ワジク[9]が始めたのがきっかけと言われる。

日本においても各地で開催されるようになってきており、社会性や規模、クオリティなどからその一例として、2012年12月24日羽田空港で行われた東北支援チャリティーイベント(指揮:山口健一)[10]や、2013年8月11日に新宿で行われた世界平和コンサートへの道(指揮:柳澤寿男)[11][12]2013年11月17日福岡市で行われた800名の市民が参加した「福岡マラソンPR」の大型フラッシュモブ[13]などが挙げられる。

また、かなり前から、匿名掲示板で集った人々により大規模オフと呼ばれるフラッシュモブに類似した行為(例えば吉野家オフやマトリックスオフ)がたびたび行われ、話題となっている。

なお、街頭などで複数の人間が突然ダンスを踊りだす「ダンスフラッシュモブ」の略を指す場合もある[14][15]

SMAPの50枚目のシングル「Joy!!」のミュージックビデオでは、SMAPとダンサー1,000人によるフラッシュモブダンスが演出として使われた。

2014年に放送されている綜合警備保障 (ALSOK) のCMでは同社所属アスリートを中心としたフラッシュモブダンスを披露し、それを目にした外国人が「フラッシュモブ」の台詞を言うシーンも収録されている。

問題点[編集]

上述のように、フラッシュモブは様々な場面で活用される。一方、サプライズの要素が強いため、いわゆる「サプライズ嫌い」の人にとっては、「ただの迷惑行為」としか受容されず、好印象どころか悪印象しか残らない。また、一般に行われる不特定多数の人間相手とは別に特定の個人を対象にサプライズ目的でフラッシュモブを行った場合、事と次第によっては、離婚破局に至ることもある。

また、公共の場でフラッシュモブを実施する集団が、通行人や地元住民とトラブルになることもある。これは企画者が「事前許可を得ずに実施する」など、公共の場における活動に対する責任認識が低いことに起因する。同時に「不特定多数の参加を呼びかける」あるいは「不特定多数の参加を希望する」など、企画規模を考えずに実施することにより、当日にて企画者自身が状況の把握および制御が不能になることも、原因として考えられる。詰まるところトラブルへの発展は、企画者の計画性が皆無であること、参与者が安直であること、を露呈していると言える。

以上より、自身にとってはサプライズや現代芸術であっても、他者には「公共性を踏まえない単なる迷惑行為の強迫」として受容されるケースも多いことから、「利己主義自己満足」として認容される傾向が強いと考えられる。

脚注[編集]

  1. ^ 披露宴でのフラッシュモブ 驚きと感動が会場を包み込む 2013年8月21日
  2. ^ 竪町で突如「マイケルダンス」100人が踊る”. 北國・富山新聞社 (2013年6月24日). 2013年11月7日閲覧。
  3. ^ 歩行者が突然ダンス 鳥栖でフラッシュモブ”. 佐賀新聞 (2013年7月30日). 2013年11月7日閲覧。
  4. ^ 買い物客らびっくり うめきた広場で突然演奏会”. 大阪日日新聞 (2013年9月20日). 2013年11月7日閲覧。
  5. ^ 通りすがり装い次々広がる踊りの輪 福井駅前通りでフラッシュモブ”. 福井新聞 (2013年10月7日). 2013年11月7日閲覧。
  6. ^ 通行人、突然ダンス 200人がフラッシュモブ”. 茨城新聞 (2013年10月28日). 2013年11月7日閲覧。
  7. ^ 突然ダンス「知事選行こう」”. 中国新聞 (2013年11月5日). 2013年11月7日閲覧。
  8. ^ 奈良)突然踊る! 生駒で50人、フラッシュモブ”. 朝日新聞 (2014年5月18日). 2014年5月28日閲覧。
  9. ^ 伊藤昌亮『フラッシュモブズ―儀礼と運動の交わるところ』NTT出版、2011年、p.10
  10. ^ 2012年12月24日羽田空港で行われた東北支援チャリティーイベント
  11. ^ 2013年8月11日新宿で行われた世界平和コンサートへの道
  12. ^ 平和を訴えるため「フラッシュモブ」を日本人指揮者が試みました。 FNN 2013年8月13日
  13. ^ 2013年11月17日、日本最大!総勢800名「福岡マラソン」フラッシュモブ
  14. ^ 街頭などで突然、ダンス!…フラッシュモブとは - YOMIURI ONLINE(読売新聞) 2012年12月24日
  15. ^ 世界中のフラッシュモブ!素敵なダンス作品15連発! - 777news.biz 2012年5月3日

関連項目[編集]