スタニスワフ・カニャ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
スタニスワフ・カニャ
Stanisław Kania -1979-.jpg
ポーランド統一労働者党第5代第一書記
任期
1980年9月16日 – 1981年10月18日
前任者 エドヴァルト・ギェレク英語版
後任者 ヴォイチェフ・ヤルゼルスキ
個人情報
生誕 (1927-03-08) 1927年3月8日
ポーランドの旗 ポーランド ブロツァンカ英語版
死没 2020年3月3日(2020-03-03)(92歳)
ポーランドの旗 ポーランド ワルシャワ
国籍 ポーランド人
政党 ポーランド統一労働者党

スタニスワフ・カニャ (Stanisław Kania ポーランド語発音: [staˈɲiswaf ˈkaɲa]; 1927年3月8日[1]2020年3月3日)は、ポーランド政治家。元ポーランド統一労働者党第一書記

来歴[編集]

1945年4月、ちょうどドイツ軍赤軍により降伏し、共産主義者ポーランドを支配し始めた頃、ポーランド統一労働者党に入党。1946年ORMO英語版国民投票など、党が主催する政治運動へ参加し、ヤルゼルスキ選挙区の副代表に選出される。1947年2月ヤスウォ英語版青年闘争連合英語版(ZWM)理事会の議長に当選する。同年の12月に、ジェシュフの農村青年局長に任命される。1948年、21歳の若さでポーランド統一労働者党の統一会議の代議員に選出。

エドヴァルト・ギェレク英語版が、社会的かつ経済的混乱の中で第一書記を辞任した後の1980年9月6日、カニャがギェレクの後継者に選ばれる。その際カニャは、党がこれまで数多くの経済的失敗を犯したことを認め、カトリック労働組合野党グループとの協力を宣言した。その後、独立自主管理労働組合「連帯」の指導者レフ・ヴァウェンサなど、様々な政治家や批評家と会談した。

1980年ソ連国家保安委員会(KGB)がカニャの旧ロシア帝国宮殿であるクレムリンに対する批判を盗聴した後、ソビエト連邦により辞任を迫られた。後任にはヴォイチェフ・ヤルゼルスキが就任した[2]

2012年1981年時の戒厳令取り締まりにおけるカニャの責任問題により裁判にかけられたが、無罪となった[3]

死去[編集]

2020年3月3日心不全肺炎により92歳で永眠[4]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ Jessup, John E. (1998) (英語). An Encyclopedic Dictionary of Conflict and Conflict Resolution, 1945-1996. Greenwood Publishing Group. p. 374. ISBN 978-0313281129 
  2. ^ (英語) Revolution 1989: The Fall of the Soviet Empire. Pantheon Books. (2009-10-27). ISBN 978-0375425325 
  3. ^ “Poland finds ex-general guilty over 1981 martial law” (英語). BBC. (2012年1月12日). https://www.bbc.com/news/world-europe-16530192 2020年5月15日閲覧。 
  4. ^ Wroński, Paweł (2020年3月3日). “Nie żyje Stanisław Kania, były przywódca Polskiej Zjednoczonej Partii Robotniczej” (ポーランド語). Wyborcza.pl. https://wyborcza.pl/7,75398,25753856,nie-zyje-stanislaw-kania-byly-przywodca-polskiej-zjednoczonej.html?disableRedirects=true 2020年5月15日閲覧。 
党職
先代:
エドヴァルト・ギェレク英語版
ポーランド統一労働者党第一書記
第5代:1980 - 1981
次代:
ヴォイチェフ・ヤルゼルスキ