ジョシュ・グリーンフェルド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

ジョシュ・グリーンフェルドJosh Greenfeld, 1928年2月27日[1] - 2018年5月11日)はアメリカ作家脚本家マサチューセッツ州モールデン出身[1]

1974年映画ハリーとトント』の脚本を書き、アカデミー賞候補となったことで最も有名。作家としては、自閉症の次男ノアを描いた数々の作品で知られる。米谷ふみ子の夫。カール・タロウ・グリーンフェルドの父。

2018年5月11日、肺炎のためカリフォルニア州の病院で死去[2]。90歳没。

著作[編集]

  • "A Place for Noah"
    • 『ノアの場所 自閉症児に安住の地はあるか』(米谷ふみ子と共著; 文藝春秋 / 1989年10月 / ISBN 9784163639208
      • 『ノアの場所 自閉症児に安住の地はあるか』(文春文庫)(文藝春秋 / 1996年4月 / ISBN 9784167309633
  • "A Client Called Noah"
    • 依頼人ノア 思春期を迎えた自閉症児』(米谷ふみ子と共著; 文藝春秋 / 1989年11月 / ISBN 9784163639307
      • 依頼人ノア 思春期を迎えた自閉症児』(文春文庫)(文藝春秋 / 1996年8月 / ISBN 9784167309688
  • "O for a Master of Magic" (小説)
  • "The Return of Mr. Hollywood" (小説)
  • "What Happened As This" (小説)
  • "Clandestine on the Morning Line" (演劇)
  • "I Have a Dream" (演劇)
  • "The Last Two Jews of Kabul" (演劇)

脚注[編集]

  1. ^ a b Prabook
  2. ^ “訃報 ジョシュ・グリーンフェルドさん90歳=米脚本家”. 毎日新聞. (2018年5月14日). https://mainichi.jp/articles/20180515/k00/00m/060/035000c 2018年5月15日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]