ジョイランド樽前

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
この項目に含まれる文字は、オペレーティングシステムブラウザなどの環境により表示が異なります。

座標: 北緯42度37分16秒 東経141度28分12秒 / 北緯42.621014度 東経141.469997度 / 42.621014; 141.469997 (ジョイランド樽前(北海道野生動物公園)が所在した大体の位置) ジョイランド樽前(ジョイランドたるまえ)は、かつて北海道苫小牧市にあった温泉及びレジャー施設併設の動物園である。正式には「北海道野生動物公園」[1][2]と呼ばれる。新聞広告では「北海道野生動物公園」の文字の下に「ジョイランド樽前」と併記されていた[3]

概要[編集]

樽前山(たるまえざん)(2009年10月)

1975年昭和50年)8月(株)道王[注 1]が「苫小牧温泉・ジョイランド樽前」を開業。ホテル業も開始した。 1977年昭和52年)4月貸し別荘フィールドアスレチックなどのレジャー施設を増設。 1979年昭和54年)4月28日、「北海道野生動物公園」を開園させた。[2]

場所は樽前山のふもと。おおよその直線距離で苫小牧駅から西方向に10km余り、最寄の室蘭本線錦岡駅からは北西方向に2km強、離れている。苫小牧市営バス「北海道野生動物公園(ジョイランド樽前)行き」が運行されていた[注 2]

入場料は、大人1000円・小人500円(1980年昭和55年〉4月25日時点)、大人1300円・小人700円(1984年昭和59年〉7月22日8月30日時点)であった。[3]

動物公園は、シロクマライオンなどを放し飼いにしており、北海道内初の「自然動物公園」[注 3]として注目を集めることもあった[2]。「世界最大の白熊牧場」や「ライオンパーク」などのキーワードのもと、「80種1000頭羽」(シロクマは30頭)もの動物がいるなどの宣伝がされていた。ミニSL、ゴーカートチェーンタワーゲームセンターなどが設置され、遊園地の機能も有していた。[3]

しかし、入場者数は思い通りには増えなかった。商圏人口増加の元にと当てにしていた苫小牧東部開発計画の失敗で、苫小牧地域の住民数が伸び悩んだからである。挽回を図ろうと、積極的な投資(施設や動物の追加など[3])や他業者とのタイアップなどを行ったが、失敗に終わったとされる[2]

ライオンは動物公園開園時からの呼び物の一つだが、大量死させていたことが1981年昭和56年)4月に判明した。大きくイメージダウンし、年間入場者数は劇的に激減した。1980年度(昭和55年度)の約70万人が、翌年度には20万人を切ってしまった[2]

1983年(昭和58年)6月20日までに道王は、二度目の不渡り手形を出し、事実上倒産した。負債総額は約30億円以上とされる。道王の倒産が明らかになった頃、債務弁済の肩代わりしていた会社が施設を借り受けていた為、突然の閉園は無かった[2]

営業は続けられたが、結局、経営状態は改善されなかったことから、後に閉鎖に至った。

放置された施設は2002年3月に不審火により全焼した。その後、解体され建物の一部が残っている。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ (株)道王は、1971年昭和45年)12月不動産売買業「道王ハウジング」(資本金100万円)として発足。増資吸収合併の後、1973年昭和48年)11月、現社名に変更。1983年時点で、北海道苫小牧市錦岡495-284に所在、社長・山岡勉、資本金10,500万円、不動産業及びレジャー施設運営業他の事業を経営していた。(「帝国データバンク東京商工リサーチ調べ」 北海道新聞1983年〈昭和58年〉6月21日
  2. ^ 1984年昭和59年)7月頃のバス運行状況は次の通り。
    苫小牧市営バス 時刻表
    『北海道野生動物公園 (ジョイランド樽前) バス運行』
    1984年7月22日 発行) 抜粋
    運行日 7月22日8月26日 毎日運行 9月2日11月4日 祝日運行
    行先表示 54 錦岡 スプリングタウン 野生動物公園〜バスターミナル
    苫小牧市営バス「市営バスターミナル」

    1日往復3便(バスターミナル発・9時50分、11時10分、15時15分/野生動物公園発・10時37分、11時57分、16時2分)。全区間所要時間44分。ルートは、苫小牧駅南側の市営バスターミナルを出て、駅通りから国道36号線(室蘭街道)に入り、錦岡西バス停から錦岡駅前、凌雲中学校前、錦岡出張所前、団地入口、団地中央、錦岡団地、スプリングタウン、錦岡、野生動物公園となっていた。
    2014年Google マップ大体のルート(但し、錦岡駅前~北海道野生動物公園間は1984年時点でのバス停位置詳細が不明)を示す。

  3. ^ 自然動物園」、「自然動物公園」などの言葉には、明確な定義が無いが、無柵放養式展示、一般的な表現では放し飼い状態で動物を展示しているとされる動物園などが用いることがある。 埼玉県こども動物自然公園宮崎市フェニックス自然動物園九州自然動物公園アフリカンサファリなどである。多摩動物公園などのように「自然」の文字を使わない、高崎山自然動物園などのようにのみ、というところもある。「自然公園法」との関係は問題とされない。
    白熊の本来的な意味での自然な姿

    実際の自然の中にいる野生の動物への餌付けには問題があり、現実には動物園にいる動物は一定の区域内で管理飼育・展示されているので、自然でも野生でもない状態になる。
    例えば、高崎山自然動物園は元は野生だった猿を観光目的で餌付けして開園。「高崎山は野生のサルに餌付けしています。動物園のサル山をイメージされる方も多いと思いますが、高崎山ではサルが自然の状態で、オリもなく観光客のすぐそばまでやってきます。」高崎山について、高崎山自然動物園)と、「動物園」所属の猿を「野生」とアピールしている。「高崎山のサル生息地」は天然記念物に指定されている。尚、大分市立だが同園公式サイトでは「国立公園 高崎山自然動物園」と表記している。国立公園(自然公園法での「自然公園」)内にあり、正式名称は語頭に国立公園名が付く。

出典[編集]

  1. ^ 苫小牧市役所 編『苫小牧市史 追補編』、2001年。
  2. ^ a b c d e f 北海道新聞1983年(昭和58年)6月21日。
  3. ^ a b c d 当時の「北海道野生動物公園(ジョイランド樽前)」の新聞広告各種。

外部リンク[編集]

  • ジョイランドレポート (当施設「動物公園」部分の「実態」について解説した個人サイト)
    • 新聞から記事を書き抜き、写真や関連広告を転載している(多くは紙名や日付が不明・「T前」「○前」「D王」など伏せ字あり)。例えば、1987年(昭和62年)2月に「事実上の倒産」(施設閉鎖の意味かどうかは不明)と記している。