無柵放養式展示

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

無柵放養式展示(むさくほうようしきてんじ)または、無柵放養方式ハーゲンベック方式、パノラマ展示とは、カール・ハーゲンベックが開園したドイツハーゲンベック動物園が始めた新しい展示方法。従来の檻や柵などの遮蔽物を使用した展示ではなく、生物を直接観賞出来るようにした展示のこと[1]。堀(モート)を使用したモート式展示などがある。

日本で最初に使用したのは、大阪のみさき公園である。

主な無柵放養式展示の例[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 事業規模の比較”. 琉球大学総合情報処理センター. 2017年10月9日閲覧。

関連項目[編集]