ジャンジャン横丁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジャンジャン横丁(北口から)

ジャンジャン横丁(ジャンジャンよこちょう)は、大阪市浪速区恵美須東3丁目東部を南北に貫く商店街。「ジャンジャン町」とも。新世界の南東部に位置し、「ジャン横」と略される。フェスティバルゲートの東側に当たる。

「ジャンジャン横丁」は通称で、正式には「南陽通商店街」。

概要[編集]

この商店街は1918年開業した飛田遊廓国鉄のガードをくぐった南側。1958年廃業)と新世界を連絡する道筋として1921年、橋本傳三郎の尽力で開通した。当時は橋本氏の出身地島根県の旧国名に因み「石見町」と称していた。開通当時は関西線の下を地下道でくぐる計画であったが、地元の反対にあい、踏切となった。(1923年ごろ地下道が開通)

当時一級の歓楽街である新世界と花街をつなぐルートとして多くの酔客が出入りし、それを目当てに飲食店や男娼店、淫売店が急ごしらえで造られた。当時は肩をよけないと通れないほどの雑踏が、軍艦内の通路に似ていることから「軍艦横丁」と呼ばれ、昭和初めには「両側から湧き起る三味線の喧騒、途方もない高い声を張り上げて、やけに喚き立てるサノサ節屋、串本節や、道頓堀行進曲。さういふものが一緒になって、道行く人の心を沸き立たせる。ずっと、博覧会の売店を見るやうなバラック建てに、軒先には、みな同じやうな暖簾をくぐって中に入ると、大抵は鍵形りにとった長い食卓が設けられ、その上には、関東煮の鍋がぐらぐらと煮え立っている。・・・薦の被った酒樽が並び、その前の椅子に腰をかけた女が、がちゃがちゃと三味線を弾いている。関東煮の鍋の向こうには、首筋を真っ白に塗った女が、ずらりと並んで、客に酒をついで、唄ひ、呑み、呑み且つ唄ふ。」(北尾鐐之助『近代大阪』349~350頁)というような賑わいを見せていた。「ジャンジャン横丁」はこの三味線の撥音に由来する。この喧騒は戦後も続き、道沿いには飲み屋や射的の店が立ち並んでいた。

林芙美子の小説「めし」の舞台。なお、この作品で初めて、「ジャンジャン横丁」の表記が使われた。それまでは「ジャンジャン町」が主流で、以後、ガイドブックなどに「横丁」の表記が増え始める。 全長約180m。アーケードはあるが、横幅は2.5mほどと非常に狭い。それが却って活気を醸し出しているようでもある。店の前に床机を持ち出して将棋を指す風景も、風物詩の一つ。

天王寺駅への通路でもあるが、飛田遊廓が(表向きは)消えたことで回廊としての役割を成さなくなり、往時の賑わいは失われた。しかしそのことにより発展が止まったため、現在ではジャンジャン横丁自体がレトロな観光地となっている。

少し前までは「ここにいる女に絶対声をかけないように」との物々しい貼り紙も見られたが、現在は家族連れも来られる雰囲気になっている。この商店街の北側に戦前は天然温泉の公衆浴場があり、戦後ストリップ劇場に改装した「温泉劇場」(通称・温劇)が存在した。近隣の飛田遊廓へ向かう者やあいりん地区の労務者などが詰めかけ、新世界名物として知られた。晩年はピンク映画を上映する映画館となったが、現在は駐車場になっている。なお、この劇場の幕間コントから間寛平が巣立っている。上記「温劇」一階に「新花月」という名前の演芸場があった(新花月の項を参照のこと)。

交通[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯34度38分59.8秒 東経135度30分22.1秒 / 北緯34.649944度 東経135.506139度 / 34.649944; 135.506139