ジミー・ブラード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ジミー・ブラード Football pictogram.svg
Jimmy Bullard Fulham cropped.jpg
名前
本名 ジェームス・リチャード・ブラード
愛称 ブリー、マギー、ザ・ブルドッグ
カタカナ ジミー・ブラード
ラテン文字 James Richard Bullard
基本情報
国籍 イングランドの旗 イングランド
生年月日 (1978-10-23) 1978年10月23日(38歳)
出身地 イングランドの旗 ロンドン
身長 180cm
体重 73kg
選手情報
ポジション MF
利き足 右足
代表歴
2008- イングランドの旗 イングランド 0 (0)
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ジミー・ブラードJimmy Bullard)ことジェームス・リチャード・ブラードJames Richard Bullard, 1978年10月23日 - )は、イングランド出身の元サッカー選手。現役時代のポジションはMF。気持ちのこもったプレーを見せ、サポーターからの人気がとても高い選手であった。ハードなタックルを身上とする一方で、強烈なキックも持ち合わせていた。

経歴[編集]

2006年4月、ブラードはプレミアリーグ初挑戦ながら旋風を巻き起こしたウィガンからフラムへ、移籍金250万ポンドで移籍した。 2006-2007シーズン、ブラードは開幕戦からスターティングメンバーで出場。開幕戦こそマンチェスター・ユナイテッドに大敗するも、2戦目のボルトン戦、3戦目のシェフィールド・ユナイテッド戦と、ブラードは2試合連続でゴールを決める活躍を見せる。 しかし、4戦目となったニューカッスル戦でスコット・パーカーのタックルを膝に受け、大怪我を負う。当初は全治6週間から8週間と見られていたが、実際には膝の十字靭帯を断裂しており、全治9ヶ月であった。この怪我のため、ブラードは開幕したばかりの2006-2007シーズンを完全に棒に振ってしまった。

ブラードが戻って来たのは、翌2007-2008シーズン。2008年2月のウェストハム戦。実に1年半ぶりのピッチだった。ブラードの復帰前まで、フラムは21試合を戦ってわずか2勝と、降格の危機にあった。しかし、ブラードの復帰を起爆剤として、フラムは残りの17試合で6勝を挙げた。最終節の結果如何で2部降格の可能性があったが、そのポーツマス戦でブラードはダニー・マーフィーのゴールをアシストし、1-0で勝利。最終的にフラムは17位でシーズンを終え、1部に残留した。

ブラードの祖母がドイツ人のため、ドイツ代表に招集されるのではないか、との話が持ち上がったこともあった。2008年9月、2010 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選アンドラ戦・クロアチア戦に向けて、イングランド代表監督のファビオ・カペッロはブラードを招集。ブラードは29歳10ヶ月での代表初招集となった。

2009年1月、ハル・シティにクラブ移籍最高額である500万ポンド(約6億1000万円)で移籍。

2012年10月2日、膝の慢性的な故障により引退を表明。

所属クラブ[編集]

イングランドの旗 イプスウィッチ・タウン 2011.1-2011.4 (loan)