ジェームズ・ゴールウェイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ジェームズ・ゴールウェイ
Jeanne and James Galway.jpg
レディ・ジニー・ゴールウェイ(左) サー・ジェームズ・ゴールウェイ(右)
基本情報
生誕 (1939-12-08) 1939年12月8日
出身地 イギリスの旗 イギリスベルファスト
学歴 [[]]
ジャンル クラシック音楽
職業 フルート奏者
担当楽器 フルート
公式サイト Sir James Galway- Official Web Site

 

サー・ジェームズ・ゴールウェイSir James Galway, OBE 1939年12月8日 - )は、ベルファスト出身のアイルランドイギリス人フルート奏者・指揮者。「黄金のフルートをもつ男」(Man with the Golden Flute)の通称で知られる。ソリストとして数々の名声を獲得し、現在最高のフルート奏者の一人。エリザベス2世より1979年大英帝国勲章を、2001年にはナイトの称号を授かっている。

経歴[編集]

ロンドン交響楽団ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団の首席フルート奏者を経て、1969年ヘルベルト・フォン・カラヤン率いるベルリン・フィルハーモニー管弦楽団の入団試験を受け合格し、1969年から1975年まで首席フルート奏者を務めた。一時期の不和の末に、退団しソリストとして活動することを決断し、カラヤンを驚かせ戸惑わせた。その後も独奏者として成功を収め、現在も定期的に演奏活動を続けている。クラシック音楽のフルート奏者の中で指導的立場にある1人である。モーツァルトなどの定番の楽曲のほか、カール・ライネッケの協奏曲やソナタのように忘れられた楽曲も録音し、さらには民族音楽のアルバムも数点制作した。映画「ロード・オブ・ザ・リング」のサウンドトラックでも演奏を披露している。現在は指揮者として、ロンドン・モーツァルト・プレイヤーズの首席客演指揮者も務めている。

スイスのメッゲンに、同じフルーティストでもあるアメリカ人の妻ジニー(Lady Jeanne Galway)と暮らす。甥マーティンコンピュータ音楽の世界で活動している。

近年愛用している楽器は、「ナガハラフルート、ボディ24金、キィ14金、H管、Cisトリル付き、ピンレスシステム」[1]

参考書籍[編集]

外部リンク[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『パイパーズ』 2009年12月号 14ページ