ジェルヴァース・ドゥ・ペイエ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ジェルヴァーズ・アラン・ドゥ・ペイエ(Gervase Alan de Peyer, 1926年4月11日 - )は、イギリスクラリネット奏者・指揮者

人物[編集]

ロンドンに生まれ、私学ベダレス・スクールに学ぶ。

奨学金を得て王立音楽大学に進み、クラリネットをフレデリック・サーストンに、ピアノをアーサー・アレグザンダーに師事する。18歳の時、英国海軍軍楽隊に入隊するが、戦後に王立音大に復学し、それから2年ほどしてパリに留学してルイ・カユザックの薫陶を受けた[1]

1950年メロス・アンサンブルの創設メンバーに名を連ね、1974年までその一員として演奏を続けた。1955年から1972年まではロンドン交響楽団の首席クラリネット奏者であった[2]

1969年には、リンカーン・センター室内楽協会の創設メンバーとなり、20年間そこで演奏を続けた[3]

ソリストとしては、アーノルド・クック、セバスチャン・フォーブズ、アラン・ホディノットジョーゼフ・ホロヴィッツシーア・マスグレイヴエリザベス・マコンキーウィリアム・マサイアス、アドウィン・ロクスバーグらの協奏作品を初演してきた[2]。指揮者としては、イギリス室内管弦楽団やロンドン交響楽団管楽器アンサンブル、メロス・シンフォニアと共演したほか、ハイドン管弦楽団の准指揮者に任命されている。

1959年からは、王立音楽院で教鞭を執っている[2]

[編集]

  1. ^ Brown, John Robert (December 2005). “Gervase de Peyer in his 80th Year. Part One”. The Clarinet. http://www.john-robert-brown.com/gervase-de-peyer.htm 2007年7月1日閲覧。. 
  2. ^ a b c Pamela Weston. "De Peyer, Gervase", Grove Music Online, ed. L. Macy (accessed 2007年6月30日), grovemusic.com (subscription access).
  3. ^ Brown, John Robert (March 2006). “Gervase de Peyer in his 80th Year. Part Two.”. The Clarinet 33 (2). http://www.john-robert-brown.com/gervase-de-peyer-2.htm 2007年7月1日閲覧。. 

参考資料・外部リンク[編集]