シーフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

シーフ (thief) とは、本来は「泥棒」「盗人」の意味であるが、この項ではロールプレイングゲームなどのフィクションに登場する、歴史上の盗賊暗殺者をモデルにしたプレイヤーキャラクタークラスについて述べる。ローグ (rogue) 、バーグラー (burglar) などとよばれるクラスもシーフに類する。

作品によって、あるいは敵か味方によってイメージが大きく異なるのが特徴で、味方の場合は映画『インディ・ジョーンズ』のような探検家や、石川五右衛門のような義賊をモデルにしており、敵役の場合は『アリババと40人の盗賊』などの中東の盗賊団やマフィア的な暗殺者をモデルにすることが多い。

コンピュータゲームでのシーフの在り方[編集]

プレイヤー側の場合[編集]

ゲーム上の役割[編集]

コンピュータゲームにおけるキャラクタークラス(ゲーム内の役割)としてのシーフの成立は、テーブルトークRPGの元祖である『D&D』までさかのぼる。『D&D』のシーフは、肉体的な能力はファイター(戦士)に及ばず、武装も制限される代わりに、ダンジョン内に仕掛けられたの発見・解除、隠し扉の発見、鍵開け、聞き耳を立ててモンスターの気配を探る、身を隠して背後から敵を襲うといった数々の特殊能力を持っており、危険なダンジョンには欠かせない存在となっている。戦闘ではあまり役に立たないが機転を利かせて立ち回ることのできるクラスである。この傾向は、細かい差異は多々あるものの、ほかのさまざまなテーブルトークRPGにおおむね受け継がれている。

コンピュータRPGの元祖のひとつである『ウィザードリィ』は、『D&D』のコンピュータ上での再現というコンセプトで開発されており、ファイターやクレリック(僧侶、プリースト)などと同様にシーフも移入され、これがコンピュータRPGにシーフが初めて登場する作品となる。だが、シーフはその能力を大きく制限されることとなる。『ウィザードリィ』の初期シリーズでシーフに許されていたのは、わずかに宝箱の罠の種類を判別することと、それを解除することのみであった。戦闘がゲームの中心となるコンピュータRPGにおいて、『D&D』的なシーフの役立つ局面は限られた。それでも、役立つアイテムを手に入れる唯一の手段が宝箱である以上シーフをパーティに組み入れる必要はあり、存在意義を失うことはなかった。

『ウィザードリィ』の後のシリーズでは、鍵開けの能力やNPCからスリを働く能力など、本来のシーフの能力を再現する方向で追加がなされている。一方で『ファイナルファンタジー』シリーズをはじめとする日本製コンピュータRPGでは、特殊技能を駆使する軽戦士としての側面が強調される。

シーフの上位クラス[編集]

また、『ウィザードリィ』が確立した要素のひとつに、上位クラスとしての忍者の存在がある。『ウィザードリィ』の忍者は、シーフより精度は落ちるものの、罠の発見・解除が可能で、なおかつ重武装もでき、さらに敵の首をはねて一撃で倒すこともできるという万能クラスである。

忍者は初期クラスとしては選択できず、厳しい条件を満たした上でクラスチェンジ(転職)が可能になる。ただし、その条件を無視してクラスチェンジできる秘宝「盗賊の短刀」 (Dagger of Thieves) が存在し、これを使用できるのはシーフのみであった。このために、シーフを忍者にクラスチェンジするまでの下積みと見なす攻略方法が一般化した。後に、『ウィザードリィ』を強く意識したコンピュータRPG『ファイナルファンタジー』が登場するが、これに登場するシーフは敵から逃げやすいという特性を持っていたものの、活躍の機会は極めて少なく、実質上忍者になるまでの下積みと化していた。

このように、アジア圏では上記の伝統から忍者やアサシンが上位クラスに選ばれることが多かったが、北米産オンラインゲームエバークエスト』ではローグ(シーフ)というアーキタイプ(原型職)の上にブリガンドとスワッシュバックラーという上位クラスが存在する。こちらは厳密な意味で別クラスである忍者や暗殺者と違い、あくまで略奪者と窃盗犯というシーフのイメージを厳守した互換クラスになっている。

シーフの能力[編集]

武装[編集]

シーフの使用できる武器は、多くのゲームでショートソードダガーなどサイズの小さいものに限定される。防具は、音を立てず素早く動くためには革製など非金属のものに限定され、も小型のターゲット・シールドがせいぜいである。先述した忍者などの上位クラスへの転職によりこれらは解消されることがある。

このほか、ゲームによってはダーツ手裏剣など投擲武器を使用できる。『千夜一夜物語』などの影響から中東で使われたシャムシールなどの湾刀をシーフ用武器と位置づけることもある。

能力値[編集]

コンピュータRPGでは経験を積むごとにヒットポイント・筋力などの能力値が上がっていくよう設計されていることがほとんどだが、この場合シーフは「素早さ(敏捷・俊敏含む)」や「運」に特化して成長していく。素早さや運が何に影響するかはゲームデザイン次第であるが、戦闘においては行動の優先度・攻撃回数・回避能力に反映されることが多い。攻撃回数に影響する場合は低い攻撃力をカバーできる可能性が、また回避能力に影響する場合は同じく防御力をカバーできる可能性がある。

素早さが高い一方で、ヒットポイントや筋力などの体力系能力値は低く、ひとたび攻撃を受けるとたちまちピンチに陥ることもある。 そのため、ゲームにもよるが、回避能力を高めるというのが主流。

特殊能力[編集]

戦闘がゲームの中心になるコンピュータRPGでは、テーブルトークRPGで見られる各種の能力を限定的に、あるいは形を変えて再現している。たとえば、『ファイナルファンタジーV』ではパーティにシーフが1人以上いると、ランダムエンカウンターで不意打ちを一切受けなくなる(警戒、聞き耳といった能力の再現)、隠し通路が見えるようになる(隠し扉を発見する能力の再現)などの特典を受けられる。こういった能力のため、戦闘能力を犠牲にしてもシーフをパーティに組み入れるという選択肢がプレイヤーにとって考慮すべきものとなる。

シーフが登場するコンピュータゲーム[編集]

  • ウィザードリィ - キャラクタークラスのひとつ。宝箱にかけられた罠の解除を主な仕事とする。
  • ファイナルファンタジーシリーズ - キャラクタークラスのひとつ。盗むことと逃げることをアピールしており、主人公にシーフが多いのも特徴。オンラインゲームである『XI』ではバランス調整による影響で強化と弱体化を繰り返しており、2006年12月現在、前衛単独での戦闘能力はトップクラスに設定されている。
  • サガシリーズ - 特別なスキルはないが、盗賊という肩書きが物語にしっかり関わるのが特徴。
  • ドラゴンクエストシリーズ - 『III』で盗賊団と敵対する。また、『VI』や『III』のリメイク以降はプレイヤーキャラクターのクラスとして「盗賊」が登場した。
  • イースシリーズ - シリーズ続編では主人公アドルの相棒として盗賊のドギと盗賊少女のテラが登場。
  • がんばれゴエモン - 主人公のゴエモンは石川五右衛門をモデルにした義賊である。相棒のエビス丸も同様に盗賊。
  • ファイアーエムブレム - ユニットのクラスの一つ。シリーズによってスキルが異なる。ほとんどのシリーズで、鍵を使わずに扉や宝箱を開けられる能力を持つ。
  • ディスガイアシリーズ - メイキングキャラクターの一つ。専用のアイテムを消費して対象からアイテムや装備だけでなく、ステータスも奪うことができる。舞台が魔界なだけあって、本来の意味での盗賊として登場している。
  • ヴァンテージ・マスター - キャラクタークラスの一つ。素早い動きと飛び道具がウリだが、魔力が低いのが欠点。
  • エバークエスト - スカウトアーキタイプというカテゴリーにシーフ系の職業が存在する。同カテゴリーの忍者とは完全に別な珍しい例。
  • クロノ・クロス - ヒロインのキッドがラジカルドリーマーズという盗賊団に所属する。健康的な肌の露出が激しい、女性シーフのステレオタイプな例。
  • 大航海時代Online - プレイヤーキャラクターの職業として盗賊がある。冒険家系の職業で、遺跡・墳墓の盗掘などのほかに海賊行為も領分とする。専門スキルは解錠。しかし、海賊行為自体については他に海賊系職(軍人系)が存在し、それらに比べると限定的な能力にとどまっている。
  • RED STONE - 職業の1つにシーフがある。武器交換をすることで武道家になることも可能。短剣やダートなどの武器を投げて使うのが特徴。隠し扉・隠し宝箱・罠の察知や解除などの非戦闘アクション以外にも解毒・応急処置などの回復系スキル、単体を1撃で倒す暗殺やトラップ、複数に武器を投げつけるスキルなど全職業中でも最も使いやすい職業の1つ。
  • Thief - 一匹狼の盗賊ガレットが主人公のFPS。直接戦闘は不得手なため、必然的に隠密行動が主体となる。一応剣(三作目ではダガー)と弓矢も装備しているが、ブラックジャックで敵の後頭部を殴り気絶させるのが基本戦法。気配を消す才能に長けており、暗闇に紛れて身を隠す能力を持つ。ピッキングスリも得意。

関連項目[編集]