ショートソード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ショートソードとは、西洋の歩兵が扱ったの一種である。

概要[編集]

ロングソードの誕生[編集]

そもそも、ロングソードはかなり広義の意味を持つので、いくつか解釈が存在する。

1.かつてショートソードは単に(ソード)と呼ばれていた。しかし騎兵が現れるようになると剣では馬上から歩兵に届かなくなった。長い剣を作ると重量も増すため扱いづらく、かと言って細長く作ると強度が足りず、馬上で扱える剣を作ることは出来なかった。そのため当分の間は槍や矛が騎兵の武器とされた。しかし冶金技術の向上により細長くても十分な強度を持つ剣を作ることが出来るようになった。騎兵が馬上から突くための剣、これがロングソードの誕生である。

とするように刀身長の長めの片手剣を意味する場合

2.13世紀ごろから甲冑の発展により防御をある程度甲冑に依存することで使用可能となった両手持ちの長剣を意味する場合。

1に関しては主にTRPGや創作物において使用される定義であり、欧州の伝統剣術の世界では「ロングソード」と言った場合、両手剣を意味するほうが一般的である。

ロングソードとの区別用法として[編集]

騎兵用の剣が比較的長めとの刀身を持つのに対し、密集方陣を組んで敵味方が掴み合いが出来るほどの距離で戦う歩兵の場合、とり回しがよく周囲の味方を傷つけにくい短めの剣が好まれた。ただし歩兵戦闘においても乱戦状態で1対1の戦闘が散発するのを好むゲルマン人などは比較的刀身の長めの剣を使用していたので、ショートソードを歩兵用、ロングソードを騎兵用と分類するのは誤りである。

刀剣の長短の定義は原則的には用者の体格との対比となるので、

また騎乗時のみの使用を前提とした下はほぼ存在せず、下馬して歩兵として使用する場合もした後(歩兵時)でも扱えることを目的とした剣も多数あるためショートソードとロングソードを明確に区別することは出来ない。またショートソードとナイフも「歩兵が片手で使う刃物」であるため両者を長さで区別することは出来ない。

「片手剣」[編集]

ショートソードは刀身長が短めの剣をさす為、原則的には片手剣である。に大型の盾と共に用いられることが多い。

基本的には軽量で取り回しが良いものが多いが、突きの威力の増大や切断能力を増す為に比較的重めに作られた物も存在する。また屋内や洞窟などの閉所での戦闘を目的とした場合や、船上などでも使用される事が多い

代表的なショートソード[編集]

古代ローマグラディウス中世ヨーロッパスクラマサクスなどが良く知られている。

近世においてはカリブ海沿岸で広く使用されたカットラスなどが有名。