シルヴィアーナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
シルヴィアーナ
-愛いっぱいのリトル険者エンジェル-
ジャンル アクションRPG
対応機種 ディスクシステム
開発元 パック・イン・ビデオ
発売元 パック・イン・ビデオ
人数 1人
メディア ディスクカード両面
発売日 日本 198808101988年8月10日
売上本数 販売:2万本[1]
書き換え:7万回[1]
その他 型式:PAC-SIL
テンプレートを表示

シルヴィアーナ -愛いっぱいのリトル険者エンジェル-』(シルヴィアーナ あいいっぱいのぼうけんしゃ{リトルエンジェル})は、1988年8月10日パック・イン・ビデオが発売したファミリーコンピュータ ディスクシステムアクションロールプレイングゲームである。その後、1989年9月15日にグラフィックとサウンドを強化し、デモ画面の追加・FM音源への対応など、ファミコン版からグレードアップされたMSX2移植版が発売された。

ゲーム内容[編集]

システム[編集]

  • プレイヤーは、主人公「シルヴィアーナ」を操作する。襲い来る敵キャラクターに体当たりすると、ダメージを与える事が出来る(が、こちらもダメージを受ける)。HPがゼロになるとゲームオーバーとなる。
  • 敵キャラを倒すと袋に入ったお金やアイテムを入手でき、フィールドに点在する町の中の店で武器と防具(盾)を買うことでパワーアップする。但し、袋には罠も存在し、取ってしまうと「毒に犯され移動速度が半分になってしまう」「その場でHPがゼロになりゲームオーバーになる」ペナルティアイテムも存在する(これらのペナルティアイテムは使い捨てアイテム「眼魔の目」を使用する事で回避できる)。
  • フィールドは1画面ごとにスクロールして切り替わるシステムを採用し、1画面には必ず4匹の敵キャラクターが存在する。特定の場所には「喋る樹」が存在し、シルヴィアーナが話し掛ける事によって体力が全快し、毒状態も回復する。
  • 本作は「経験値」の概念が存在せず、キャラクターの成長はアイテム・武器・防具の取得によってのみ行われる。HP上限はダンジョン内に隠されたアイテム「はーと」の取得により上昇し、攻撃力や防御力は装備している武器と防具によって決定される。
  • もしもの時のために、一時的にプレイデータを保存する為の「メモリーセーブ」機能がある。一瞬でセーブを完了し、万が一ゲームオーバーになってしまった時にはメモリーセーブをした地点から再開できる(但し、一時的なセーブの為、電源を切ってしまった時にはメモリーセーブは消えてしまう)。ゲームを終了する際には、ディスクセーブを行う必要がある。

ストーリー[編集]

シルヴィアーナは、母親と二人暮しの女の子。幼い頃に父親を亡くしたが明るく元気で、母親思いの優しい少女に育っていた。…しかし、ある日母親が原因不明の病に倒れてしまった。必死の看病にも関わらず、病気は重くなっていくばかり…そんなある日、「どんな病気も治すことの出来る薬を持つ人が居るらしい」という噂を耳にしたシルヴィアーナは、その人を探し出し、薬を譲ってもらうために旅立つのだった。

キャラクター[編集]

シルヴィアーナ
本作の主人公で、明るく元気な可愛らしい少女。幼い頃に父親と死別し、現在は母親と二人暮し。ある日突然、病に倒れた母親の病気を治せる者を探し出す為、危険な冒険に旅立つ事を決意する。鮮やかな桜色の髪で、瞳の色は青。
お母さん
シルヴィアーナの唯一の肉親で、女手一つで娘を育て上げた。病に倒れ、家で寝込んでいる。ちなみに、ゲームプレイ中にシルヴィアーナが母に会うと、母の姿を見て奮い立つため、HPが全快する
ドッペルさん
「どんな病気も治す事の出来る薬を持つ」お医者さん。ドッペルさんに会い薬を譲ってもらうのが本作の目的である。シルヴィアーナ親子のように人間ではなく、どちらかと言うと敵キャラに近い姿をしている(白衣は着ているが)。

他機種版[編集]

No.タイトル発売日対応機種開発元発売元メディア型式売上本数
1シルヴィアーナ
日本 198909151989年9月15日
MSX2/2+/turboRパック・イン・ビデオパック・イン・ビデオ3.5インチ2DDフロッピーディスク--
FM音源対応

評価[編集]

評価
レビュー結果
媒体結果
ファミ通21/40点[2]
ファミリーコンピュータMagazine14.80/25点[3]
ユーゲー否定的[4]
  • ゲーム誌『ファミコン通信』の「クロスレビュー」では合計21点(満40点)となっている[2]
項目 キャラクタ 音楽 操作性 熱中度 お買得度 オリジナリティ 総合
得点 3.20 2.90 3.00 2.90 - 2.80 14.80
  • ゲーム誌『ユーゲー』では、「敵を倒しても経験値はもらえずに、いくつかのアイテムかお金を落とすだけ。(中略)無駄な戦いは避けつつ冒険すればいいのだが、高い武器を買うためには、敵を倒しては家に帰って回復、という作業を繰り返さなければならないため、やはり経験値稼ぎと苦労は変わらない」、「操作性周りやキャラの動きにはもうひとつキレがないが、忍耐強く、ちくちくと遊ぶのが好きな人にはいいかもしれない」と評している[4]

備考[編集]

  • MSX2版では、ロード・セーブ画面時、ステータス画面など多くの項目に主人公・シルヴィアーナのイラストが表示される。また、アイテムや装備品も『イースシリーズ』のようなアイコン表示に変更されている。
  • MSX2版のキャラクターデザイン・原画・グラフィックは現・アニメーターいまざきいつきが担当した(出典元は外部リンクを参照[5])。
  • 本作の世界では、シルヴィアーナ親子や点在する町の店員達以外に、ぬいぐるみのような種族も存在する(敵キャラクターや、医者のドッペルさんなどがその例である)。
  • イーストテクノロジーより稼働されたアーケードゲーム『セルフィーナ』(1991年)とキャラクターが似ているが、これは企画者が同じだからである。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 「ディスクライター 書き換えゲーム全カタログ」『ファミリーコンピュータMagazine』第5巻第12号、徳間書店、1989年7月7日、 36頁。
  2. ^ a b シルヴィアーナ まとめ [ファミコン]/ ファミ通.com” (日本語). KADOKAWA CORPORATION. 2016年12月25日閲覧。
  3. ^ a b 「5月24日号特別付録 ファミコンディスクカード ゲームボーイ スーパーファミコン オールカタログ」『ファミリーコンピュータMagazine』第7巻第10号、徳間書店、1991年5月24日、 43頁。
  4. ^ a b 卯月鮎「総力特集 フォーエバー DISK SYSTEM」『ユーゲー 2003 Vol.09』第7巻第18号、キルタイムコミュニケーション、2003年10月1日、 68頁、 雑誌17630-10。
  5. ^ シルヴィアーナ覚え書き置き場(暫定)