ショー・アップ・ショー -ビート・ラプソディー-

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

グランド・ショー[1][2]ショー・アップ・ショー』-ビート・ラプソディー-は宝塚歌劇団によって制作された舞台。花組[1][2]。22場[1][2]。作・演出は草野旦[1][3]。併演作品は『遙かなる旅路の果てに[1][2]』。

公演期間と公演場所[編集]

解説[編集]

※宝塚100年史の宝塚大劇場公演[4]を参考にした。

ショーをよりショーアップするために"ビート"をテーマにした、理屈抜きに楽しく作られたショー。"ルート66"の曲に乗せて燕尾服のダンサーが踊るフィナーレナンバーが逸材で、男役の美学をみせた。

スタッフ[編集]

※氏名の後ろに「宝塚[1]」「東京[3]」の文字がなければ両劇場共通。

主な配役[編集]

※宝塚[1]・東京[3]共通。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h 80年史 1994, p. 322.
  2. ^ a b c d e 80年史 1994, p. 324.
  3. ^ a b c 80年史 1994, p. 325.
  4. ^ 100年史(舞台) 2014, p. 160.

参考文献[編集]