ショーンドルフ・アム・アンマーゼー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
紋章 地図
(郡の位置)
Wappen Schondorf.svg Locator map LL in Germany.svg
基本情報
連邦州: バイエルン州
行政管区: オーバーバイエルン行政管区
郡: ランツベルク・アム・レヒ郡
市町村連合体: ショーンドルフ・アム・アンマーゼー行政共同体
緯度経度: 北緯48度03分14秒 東経11度05分31秒 / 北緯48.05389度 東経11.09194度 / 48.05389; 11.09194
標高: 海抜 568 m
面積: 6.6 km2
人口:

3,954人(2019年12月31日現在) [1]

人口密度: 599 人/km2
郵便番号: 86938
市外局番: 08192
ナンバープレート: LL
自治体コード:

09 1 81 139

行政庁舎の住所: Rathausplatz 1
86938 Schondorf am Ammersee
ウェブサイト: www.schondorf.de
首長: アレクサンダー・ヘルマン (Alexander Herrmann)
郡内の位置
Schondorf am Ammersee in LL.svg
地図

ショーンドルフ・アム・アンマーゼー (ドイツ語: Schondorf am Ammersee) はドイツ連邦共和国バイエルン州オーバーバイエルン行政管区ランツベルク・アム・レヒ郡に属す町村(以下、本項では便宜上「町」と記述する)で、ショーンドルフ・アム・アンマーゼー行政共同体を構成する自治体の一つである。

地理[編集]

ショーンドルフの漁師小屋

保養地ショーンドルフはミュンヘン地方、アンマー湖の西岸に位置する。

自治体の構成[編集]

この町は、公式には2つの地区 (Ort) からなる[2]。このうち小集落や孤立農場などを除く集落をは、首邑のショーンドルフ・アム・アンマーゼーのみである。

歴史[編集]

ショーンドルフ・アム・アンマーゼーはバイエルン選帝侯領のパーファル男爵領に属した。ショーンドルフ(オーバーショーンドルフおよびウンターショーンドルフ)は閉鎖ホーフマルク(農場の共同体としての村)グライフェンベルクの一部であった。バイエルンの行政改革に伴う1818年の市町村令によって自治体としてのオーバーショーンドルフおよびウンターショーンドルフが成立した。その後、市町村再編の時代(1970年代)に両者が合併して現在の自治体となった。

人口推移[編集]

  • 1970年 2,004人
  • 1987年 2,930人
  • 2000年 3,629人

行政[編集]

町長は、2006年7月23日以降アレクサンダー・ヘルマン (同盟90/緑の党・バイエルン) が務める。町議会は16議席からなる。

紋章[編集]

図柄: 赤地で、基部に2本の銀の波線。その上に金の角を持つユニコーン。角には青い石の付いた金のリングを着けている。

文化と見所[編集]

ショーンドルフの聖ヤーコブス教会

町の北の山にある聖アンナ旧教区教会は遠くからも見ることができる。この教会はディーセン修道院によって1499年に建造された[3]。2階席には18世紀のオルガンが備えられている。教会の周りは墓地になっており、大変に古い墓石もある。その周りを壁と民家が囲んでいる。

ロマネスク様式の聖ヤーコブス教会はおそらく1150年に建設された。

経済と社会資本[編集]

教育[編集]

  • 国民学校 1校
  • 私立ギムナジウム: ラントハイム・ショーンドルフ、近代語(外国語)と経済学のギムナジウムで、1905年に設立された。
  • 実科学校

引用[編集]

外部リンク[編集]