エーヒング・アム・アンマーゼー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
紋章 地図
(郡の位置)
Wappen Eching am Ammersee.svg Locator map LL in Germany.svg
基本情報
連邦州: バイエルン州
行政管区: オーバーバイエルン行政管区
郡: ランツベルク・アム・レヒ郡
市町村連合体: ショーンドルフ・アム・アンマーゼー行政共同体
緯度経度: 北緯48度04分55秒 東経11度06分54秒 / 北緯48.08194度 東経11.11500度 / 48.08194; 11.11500座標: 北緯48度04分55秒 東経11度06分54秒 / 北緯48.08194度 東経11.11500度 / 48.08194; 11.11500
標高: 海抜 541 m
面積: 6.24 km2
人口:

1,707人(2020年12月31日現在) [1]

人口密度: 274 人/km2
郵便番号: 82279
市外局番: 08143
ナンバープレート: LL
自治体コード:

09 1 81 115

行政庁舎の住所: Am Anger 1
82279 Eching am Ammersee
ウェブサイト: www.eching-ammersee.de
首長: ジークフリート・ルーゲ (Siegfried Luge)
郡内の位置
Eching am Ammersee in LL.svg
地図

エーヒング・アム・アンマーゼー (ドイツ語: Eching am Ammersee) はドイツ連邦共和国バイエルン州オーバーバイエルン行政管区ランツベルク・アム・レヒ郡に属す町村(以下、本項では便宜上「町」と記述する)で、ショーンドルフ・アム・アンマーゼー行政共同体を構成する自治体の一つである。

アンマー湖北岸に位置するエーヒングは、大規模な「アムパーモース」自然保護地区に面し、アンマー湖岸には森の保養地「ヴァインガルテン」がある。

地理[編集]

自治体の構成[編集]

この町は、公式には2つの地区 (Ort) からなる[2]。このうち小集落や孤立農場などを除く集落は首邑のエーヒング・アム・アンマーゼーのみである。

歴史[編集]

エーヒングはバイエルン選帝侯領に属し、パーファル男爵の閉鎖ホーフマルク(農場の共同体としての村)グライフェンベルクの一部であった。バイエルンの行政改革に伴う1818年の市町村令によって現在の自治体が成立した。

人口推移[編集]

  • 1970年 749人
  • 1987年 1,293人
  • 2000年 1,477人

行政[編集]

町長はジークフリート・ルーゲ (CSU/Bürgerblock) である。町議会は12人の議員からなる。

紋章[編集]

図柄: 左右二分割。向かって左は青地に曲がった金の修道院長杖。向かって右は3本の波状の斜め分割線で分割された赤と白のストライプ模様。

その他[編集]

こののどかな田舎町はウルズラ・ヘルマン誘拐事件でドイツ全土に広く知られるようになった。

引用[編集]

外部リンク[編集]