シャウル・ゲレロ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ラクエル・ディアス
プロフィール
リングネーム ラクエル・ディアス
本名 シャウル・マリー・ゲレロ
ニックネーム 3ジェネレーション・ディーヴァ
ウルトラディーヴァ
身長 160cm
誕生日 1990年10月14日(23歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
テキサス州エル・パソ
トレーナー FCWスタッフ
デビュー 2010年
テンプレートを表示

シャウル・ゲレロShaul Marie Guerrero1990年10月14日 - )は、アメリカ合衆国女子プロレスラーテキサス州エル・パソ出身

メキシコのプロレス一家であるゲレロ・ファミリーの一員。祖父のゴリー・ゲレロ、父親のエディ・ゲレロ、伯父のチャボ・ゲレロ・シニアマンド・ゲレロヘクター・ゲレロ、従兄弟のチャボ・ゲレロ・ジュニアもプロレスラーである。母親はWWEでGMなどを務めているヴィッキー・ゲレロ

来歴[編集]

2010年にWWEとディペロップメント契約。2011年2月に傘下団体であるFCWデビュー。試合後にはサイン会を予定していた母親であるヴィッキー・ゲレロが登場し、FCWのGMであるマキシンと舌戦を繰り広げた。

9月より大型ユニット、ジ・アセンションThe Ascension)の一員として活動。マネージャー兼参謀役としてメンバーを指揮する一方、試合では11月17日にアクサナからクイーン・オブ・FCW、12月15日にはオードリー・マリーからFCWフロリダディーヴァズ王座を奪取した。

ジ・アセンション脱退後、2012年より絶対的女王として君臨し、ディーヴァの存在意義を唱えると共にソフィア・コルテスペイジアンチディーヴァなるユニットを結成。しかし、FCWと新人発掘番組であるWWE・NXTが統合した新生NXTではウルトラディーヴァのギミックで登場。NXTではペイジやソフィアと抗争を展開していたが、実生活において学業に専念したいということから9月にWWEへ自主解雇を要求し、同月30日に解雇となった。

2013年9月、自身の学業が落ちついたということもあり、WWEに復帰を要望。WWEも受諾し、WWEパフォーマンスセンターにてトレーニングを再開した。この事象に合わせてTwitterのアカウントを「Raquel Diaz」へと変更し、10月5日にはNXTのハウスショーにて復帰戦を行った。

得意技[編集]

  • ゴリー・ボム
現在使われているフィニッシャー。祖父ゴリー・ゲレロのオリジナル技ゴリー・スペシャルを元に従兄弟のチャボ・ゲレロ・ジュニアが編み出したオリジナル技。ゴリースペシャルの体勢から腕のクラッチを外し、フェイスバスター式に叩きつける変形パワーボム
トリプルブレーンバスター。父エディのスリーアミーゴス同様フィニッシャーへの繋ぎ技と使用している。
父エディが信条としていた「審判を欺き勝利を得る」ファイトスタイルを継承した形であり、エディ同様巧みに相手に反則技をさせたと見せかけて反則勝利を得る。

獲得タイトル[編集]

FCW

入場曲[編集]

  • 13th Chord
  • Get Up
  • 2 Hot 2 Handle (Instrumental)
  • 2 Hot 2 Handle (Lyrical)

外部リンク[編集]