シットゴー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
シットゴー石油公社
Citgo Petroleum Corporation
Citgo logo
種類 完全子会社
本社所在地 アメリカ合衆国テキサス州ヒューストン
設立 1910年(110年前) (1910
Cities Services Company として
業種 石油ガソリン
事業内容 燃料潤滑油および石油化学製品の販売
代表者 ルイーザ・パラシオス(会長)
アズドルバル・チャベス (社長)
売上高 320億2800万ドル(2004年)
純利益 8億5100万ドル(2018年)[1]
従業員数 約3,400人
所有者 ベネズエラ国営石油会社
外部リンク www.citgo.com
テンプレートを表示

シットゴー石油公社英語: Citgo Petroleum Corporation)は、Citgoとしても知られる輸送量燃料や潤滑油、その他の石油化学製品の精製や輸送、販売を行うアメリカ合衆国石油関連企業で、ベネズエラ国営石油会社の完全子会社。

1910年にヘンリー・ダグハーティーがシティーズ・サービス・カンパニーとして設立、1965年にブランド名を現在の「Citgo」へと変更、1986年9月にベネズエラ国営石油会社による株式50%の取得により子会社化、1990年に同社の完全子会社となった[2]

スポンサーシップ[編集]

長年NASCARの、マイケル・ウォルトリップ、エリオット・サドラー、カイル・ペティ、ナイル・ボネット、モーガン・シェファード、デイル・ジャレットなどのドライバーが所属していたレース・チームであるウッド・ブラザーズのスポンサーであった。また2000年終盤から2003年までジェフ・バートンのラウシュ・レーシングのスポンサーでもあった。

ロレックス・スポーツ・カー・シリーズにおいて、ベネズエラの女性ドライバーであるミルカ・デュノーのシットゴー・ポンティアックライリーのスポンサーとなった。デュノーはロレックス・シリーズで3回優勝し、2007年、デイトナ24時間レースで準優勝し、レース史上最高順位の女性レーサーとなった。2007年度、インディカー・シリーズにおいてサマックス・モータースポーツのデュノーのスポンサーとなった。2008年および2009年、ドレイヤー&レインボールド・レーシングのデュノーのスポンサーとなった。2010年、デイル・コイン・レーシングのデュノーのスポンサーとなった。また、2012年、KVレーシング・テクノロジー、2013年、アンドレッティ・オートスポーツE.J.ヴィソのメイン・スポンサーにもなっている。

現在、バスマスター・フィッシング・ツアーのメイン・スポンサーとなっている。1983年、筋ジストロフィー協会(MDA)のスポンサーであるサウスランド(現セブン-イレブン)に買収された時からMDAのチャリティ・ゴルフのスポンサーにもなっている。現在、シットゴーはMDAの最大の企業スポンサーとなっており、2014年に終了した『ジェリー・ルイスMDAテレソン』に重役らが出演していた[3]

1992年、ボストンマラソンのスポンサーとなった[4]。またこの数年、全米のアドベンチャーレーストライアスロンなどの試合のスポンサーも務めている。

ボストンにある看板[編集]

ボストンのランスダウン通りから見る看板

シットゴーのロゴは三角形のマークである。マサチューセッツ州ボストンにあるフェンウェイ・パークから見える大きな両面の看板は、野球中継でテレビに映ることも多く、ボストンのランドマークとなっている。6か月に亘る工事の後、2005年3月、何千もの発光ダイオードで照らされる現在の60フット(18m)四方の看板が登場した。以前の看板は長さ5マイル(8km)の電線に5,878個のガラス管のついたネオン・ライトで照らされていた[5]ボストン大学の書店の建物の上に設置されている。

1940年、シティーズ・サービスの緑と白の三つ葉型の看板が建てられ、1965年、三角マークの看板に付け替えられた。エドワード・J・キング知事は省エネルギーのため明かりを消すよう頼んだ。4年後、天候により劣化した看板を解体しようとしたが、市民の反対に遭った。ボストン・ランドマーク委員会は議論の間解体を延期するよう頼んだ。公式声明はなく、1983年、改装および再点灯して以降現在も残っている。フェンウェイ・パークのすぐそばにあり、ボストン・レッドソックスがホームランを打った時などは「シー・イット・ゴー」(ボールの行方を見ろ)などと言われる[6]

1989年の映画『フィールド・オブ・ドリームス』の劇中映画『ゴー・ゴー・シットゴー』に登場した。1983年、『ライフ』誌に写真が掲載された。1987年、ケンモア・スクエアの「ネオンの神様」としてアニメ化された。フェンウェイやレッドソックスと関連してメイン州ポートランドにあるレッドソックスのマイナーリーグダブルAポートランド・シードッグスの本拠地ハドロック・フィールドのように、リトルリーグの球場などに看板のレプリカがある。またヒューストン・アストロズの本拠地ミニッツメイド・パークの左翼の壁の上のガラス部分に小さいが類似した看板がある。2007年、アストロズのダブルAコーパスクリスティ・フックスは本拠地ホワッタバーガー・フィールドに50フット(15m)のレプリカを設置した[7]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ CITGO Reports 2018 Performance 2019年3月29日配信 CITGO
  2. ^ http://www.citgo.com/AboutCITGO/CompanyHistory.jsp
  3. ^ CITGO: On the Road to a Cure, MDA Quest Magazine, Jan./Feb. 2007
  4. ^ 冠大会に不況の風 スポンサーの降板目立つ 代役が見つからない例も 朝日新聞 1992年11月16日 夕刊3ページ
  5. ^ "[1]." Citgo. Retrieved on March 17, 2015.
  6. ^ "[2]" BostonsPastime.com website|Retrieved on March 17, 2015.
  7. ^ White, Heather Ann (2007年4月29日). “Hooks team gets its own landmark Citgo sign”. Corpus Christi Caller-Times. http://www.caller.com/news/2007/apr/29/hooks-team-gets-its-own-landmark-citgo-sign/ 2011年4月11日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]