シシトウガラシ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

シシトウガラシ(獅子唐辛子)はナス科トウガラシ属に属するトウガラシの甘味種[1]。また、その果実シシトウ、また、甘とうと呼ばれることも多い。

植物学的にはピーマンと同種[2][3][4]。中南米原産[1]。ヨーロッパ人のアメリカ大陸発見後、南米からヨーロッパに入り、その後世界に広がった[5]

特徴[編集]

実は完熟するとく大きくなるが通常食用にするのは熟す前に収穫された緑色の未熟果である[1]。赤い完熟果は品種改良のための種子の採取に用いられ、完熟果1個から150 - 200粒の種子を取ることができる[1]。実の先端に獅子の頭、口、あるいは鼻に似たものができることから獅子唐辛子と呼ばれるようになった[1]

高温性の野菜のため暑さに強く、基本的に夏野菜として栽培され、市場に出荷される。一方、寒さには弱いため、日本では冬季には温暖な地でのハウス・加温栽培でないと栽培は難しい[5]

料理[編集]

調理法[編集]

焼いた獅子唐

焼く煮る揚げる、さまざまな調理法で食べることが出来るが、そのまま加熱調理すると中の空気が膨張して破裂する恐れもあるので、小さなを何箇所か開けたり、ヘタの部分を切ってから調理することもある。

辛味果[編集]

シシトウガラシは甘味種で通常はピーマンのように辛くない実を付ける[1]。ところが時折、トウガラシのような辛い実(辛味果)を付けるものがある[1]

辛味果は比較するとツヤがなく、果形によじれがある、緑色が濃い、実が硬いなどの傾向があるが容易には区別できない[1]

辛味果の発生は、栽培時の土壌の乾燥、高温・乾燥条件。そして、このような条件下で発生しやすくなる単為結果が原因とされる[6]。栽培中に水分ストレスがかかると辛くなる。

28℃恒温条件下で栽培された場合、辛味が強くなり、その種子数が少ないと報告されている事から種子の少ない果実と辛みの関係性が指摘されている。種子の少ないもの全てが辛くなる訳ではないが、辛い果実は概ね種子数が少ないという調査結果も報告されている[6]

他のトウガラシ品種との交雑によって辛くなると言われることもあるが、この説には裏付けが無く、またトウガラシの辛味成分を作る遺伝情報は劣性遺伝であるため、主要因になることは考えにくい。

10個の中に1個ほど辛いものが混ざっていることがあり、「食べるロシアンルーレット」等と言われるが、単為結果による辛みについては、通常のものに比べての数が少ないので、果実を触るなどして調べるとある程度判断することができる。品種改良により、辛い商品が市場に出ることはほとんど無い[7]

栄養価[編集]

ビタミンCカロテンカリウムなどを多く含む[1]。また、エピネフリンの分泌を増やし脂肪の燃焼を高める働きがある[1]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f g h i j "とさのうと第27号" (PDF). JAグループ高知、食のネットワーク運営協議会. 2017年3月1日. 2022年5月13日時点のオリジナルよりアーカイブ (PDF)。2022年5月13日閲覧
  2. ^ 広辞苑』 第5版。
  3. ^ 『旬の食材 春・夏の野菜』 講談社ISBN 4-06-270135-9
  4. ^ 『四季日本の料理 夏』 講談社、ISBN 4-06267452-1
  5. ^ a b 川城英夫 『新野菜つくりの実際 果菜Ⅰ』 農山漁村文化協会、2001年発行、145-146頁。
  6. ^ a b 松島憲一「品種・栽培 トウガラシ栽培における果実の辛味変動とその要因 (PDF) 」 『特産種苗』第20号、日本特産農作物種苗協会、2015年4月、 19頁、 NAID 40020454601国立国会図書館書誌ID:0263716592018年7月14日閲覧。
  7. ^ 探偵!ナイトスクープ』(2012年6月8日)にて青果会社の社員の発言より。

関連項目[編集]