パドロン (トウガラシ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
生のパドロン
揚げたパドロン

パドロン(Padron peppers)は、トウガラシの品種の一つである。スペイン北西部のガリシア州ア・コルーニャ県の自治体であるパドロンに由来する[1]。長さは約5cmと小型で、色は明るい緑色から黄緑色、赤色になることもある。ほとんどはマイルドな味であるが、10-25%のものは非常に辛い。マイルドな味になるか辛くなるかは、成長中の水分及び日光、さらに温度による。土壌のみに水をかけた場合はマイルドな味になり、葉や茎を含む植物全体に水をかけた場合は辛くなると言われている[2]。油で揚げ、タパスとして食べる[3]

特徴[編集]

ウーリャ川英語版及びその支流サル川の土手に沿って生育し、特に名前の由来となったパドロンの町の温室に多い。スペイン南部、アメリカ合衆国メキシコモロッコ等でも育つ。5月中旬以降の小さいうちに収穫され、5月末から10月末まで、時に11月に入っても販売ることがあった。しかし、温室での栽培が行われるようになり、年中入手できるようになった。

形は細長い円錐形である。味はマイルドだが非常に辛いものもあり、この性質がガリシアの有名な格言"Os pementos de Padron, uns pican e outros non"(パドロン唐辛子は、いくつかは辛く、いくつかはそうではない)の元になった[4]

関連項目[編集]

出典[編集]