ザ・シークレットマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ザ・シークレットマン
Mark Felt: The Man Who Brought Down the White House
監督 ピーター・ランデズマン
脚本 ピーター・ランデズマン
原作 マーク・フェルト
ジョン・オコナー
製作 リドリー・スコット
ジャンニーナ・スコット
マーク・バタン
アンソニー・カタガス
ピーター・ランデズマン
スティーヴ・リチャーズ
ジェイ・ローチ
ゲイリー・ゴーツマン
トム・ハンクス
製作総指揮 イェール・バディック
デス・ケアリー
コリン・ウィルソン
ピーター・グーバー
ジェフリー・ビニク
ニック・バウアー
ディーパック・ネイヤー
マイケル・シェイファー
出演者 リーアム・ニーソン
ダイアン・レイン
音楽 ダニエル・ペンバートン
撮影 アダム・キンメル
編集 タリク・アンウォー
配給 アメリカ合衆国の旗 ソニー・ピクチャーズ・クラシックス
日本の旗 クロックワークス
公開 アメリカ合衆国の旗 2017年9月29日
日本の旗 2018年2月24日[1][2]
上映時間 103分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 アメリカ合衆国の旗 $768,946[3]
テンプレートを表示

ザ・シークレットマン』(原題:Mark Felt: The Man Who Brought Down the White House)は、2017年制作のアメリカ合衆国の映画

ウォーターゲート事件の情報提供者「ディープ・スロート」こと、当時の連邦捜査局(FBI)副長官マーク・フェルトを描いた作品。リドリー・スコットトム・ハンクス製作、リーアム・ニーソン主演。

あらすじ[編集]

キャスト[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]

  • 大統領の陰謀 - 『ワシントン・ポスト』の記者を主人公として事件を描いた1976年の映画。

外部リンク[編集]